芸能

松山千春で話題の「機内歌唱」 北島三郎もやっていた

こちらは2時間も熱唱(写真:時事通信フォト)

 言わずと知れた松山千春(61)の代表曲「大空と大地の中で」。これを本人の生歌で、「大空」へ向かう前に聞くことができたラッキーな乗客たちがいる。

 8月20日、新千歳空港発伊丹空港行の全日空航空機が保安検査場の混雑で待機していたところ、たまたま地元の北海道から仕事で大阪へ向かうために乗り合わせていた松山千春が、客室乗務員から機内用マイクを借りて歌い出したのだ。このサプライズに大喜びした乗客たちはその模様をネットに上げ、瞬く間に大きな話題となった。

 しかし実はこの即席コンサート、航空業界では「きわめて異例」なのだという。松山から「歌いましょうか」という提案を受けた客室乗務員は機長に伝達、機長は許可を出したが、これは前例のない“英断”だったようだ。同機を運航していた全日空広報部が言う。

「明確な規定はありませんが、通常、マイクを乗客の方に渡すことはあり得ません。(ハイジャックなど)危険な行為を呼びかけたりする可能性もあるからです。ただし今回は松山様のご厚意に甘える形でマイクをお貸ししました」

 しかし同様の“イベント”を、過去に堂々とやってのけた大物歌手がいた。“演歌の神様”北島三郎(80)である。

 北島が「機内コンサート」を行なったのは1985年8月。アジア旅行開発(現在のJAL系列)が、成田発台北行きのフライトで、「一万メートル上空の機内ライブ・コンサート」を企画し、北島が山本譲二ら演歌歌手5人と生バンドも連れて約2時間熱唱したのだ。

 19万8000円のプレミアチケットを手に入れた約60人のファンは大盛り上がりだったという。まさに空の上の「まつり」である。

 北島と松山といえば、北海道が生んだ二大スター。もしかしたら松山は、大先輩の過去の偉業を知っていた?

※週刊ポスト2017年9月8日号

関連記事

トピックス

公明党が不信感を募らせる背景には岸田首相の“二股”も原因(時事通信フォト)
【自公25年目の熟年離婚へ】日本維新の会と“二股”をする岸田首相への怒り 国会最終盤で公明党による“岸田降ろし”が勃発か
週刊ポスト
大谷が購入した豪邸(ロサンゼルス・タイムス電子版より)
大谷翔平がロスに12億円豪邸を購入、25億円別荘に続く大きな買い物も「意外と堅実」「家族思い」と好感度アップ 水原騒動後の“変化”も影響
NEWSポストセブン
杉咲花
【全文公開】杉咲花、『アンメット』で共演中の若葉竜也と熱愛 自宅から“時差出勤”、現場以外で会っていることは「公然の秘密」
女性セブン
被害者の渡邉華蓮さん
【関西外大女子大生刺殺】お嬢様学校に通った被害者「目が大きくてめんこい子」「成績は常にクラス1位か2位」突然の訃報に悲しみ広がる地元
NEWSポストセブン
京急蒲田駅が「京急蒲タコハイ駅」に
『京急蒲タコハイ駅』にNPO法人が「公共性を完全に無視」と抗議 サントリーは「真摯に受け止め対応」と装飾撤去を認めて駅広告を縮小
NEWSポストセブン
阿部慎之助・監督は原辰徳・前監督と何が違う?(右写真=時事通信フォト)
広岡達朗氏が巨人・阿部監督にエール「まだ1年坊主だが、原よりは数段いいよ」 正捕手復帰の小林誠司について「もっと上手に教えたらもっと結果が出る」
週刊ポスト
イラン大統領「ヘリ墜落死」を佐藤優氏が分析 早々に事故と処理したイラン政府の“手際のよさ”の裏で密かに進む「国家の報復」
イラン大統領「ヘリ墜落死」を佐藤優氏が分析 早々に事故と処理したイラン政府の“手際のよさ”の裏で密かに進む「国家の報復」
週刊ポスト
家族で食事を楽しんだ石原良純
石原良純「超高級イタリアン」で華麗なる一族ディナー「叩いてもホコリが出ない」視聴率男が貫く家族愛
女性セブン
快進撃が続く大の里(時事通信フォト)
《史上最速Vへ》大の里、来場所で“特例の大関獲り”の可能性 「三役で3場所33勝」は満たさずも、“3場所前は平幕”で昇進した照ノ富士の前例あり
週刊ポスト
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
中条きよし氏(右)のYouTubeチャンネル制作費は税金から…(時事通信フォト)
維新・中条きよし参院議員、公式YouTube動画制作に税金から500万円支出 チャンネルでは「ネコと戯れるだけの動画」も
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売!「官房機密費」爆弾証言スクープほか
「週刊ポスト」本日発売!「官房機密費」爆弾証言スクープほか
NEWSポストセブン