芸能

松山千春で話題の「機内歌唱」 北島三郎もやっていた

こちらは2時間も熱唱(写真:時事通信フォト)

 言わずと知れた松山千春(61)の代表曲「大空と大地の中で」。これを本人の生歌で、「大空」へ向かう前に聞くことができたラッキーな乗客たちがいる。

 8月20日、新千歳空港発伊丹空港行の全日空航空機が保安検査場の混雑で待機していたところ、たまたま地元の北海道から仕事で大阪へ向かうために乗り合わせていた松山千春が、客室乗務員から機内用マイクを借りて歌い出したのだ。このサプライズに大喜びした乗客たちはその模様をネットに上げ、瞬く間に大きな話題となった。

 しかし実はこの即席コンサート、航空業界では「きわめて異例」なのだという。松山から「歌いましょうか」という提案を受けた客室乗務員は機長に伝達、機長は許可を出したが、これは前例のない“英断”だったようだ。同機を運航していた全日空広報部が言う。

「明確な規定はありませんが、通常、マイクを乗客の方に渡すことはあり得ません。(ハイジャックなど)危険な行為を呼びかけたりする可能性もあるからです。ただし今回は松山様のご厚意に甘える形でマイクをお貸ししました」

 しかし同様の“イベント”を、過去に堂々とやってのけた大物歌手がいた。“演歌の神様”北島三郎(80)である。

 北島が「機内コンサート」を行なったのは1985年8月。アジア旅行開発(現在のJAL系列)が、成田発台北行きのフライトで、「一万メートル上空の機内ライブ・コンサート」を企画し、北島が山本譲二ら演歌歌手5人と生バンドも連れて約2時間熱唱したのだ。

 19万8000円のプレミアチケットを手に入れた約60人のファンは大盛り上がりだったという。まさに空の上の「まつり」である。

 北島と松山といえば、北海道が生んだ二大スター。もしかしたら松山は、大先輩の過去の偉業を知っていた?

※週刊ポスト2017年9月8日号

関連記事

トピックス

小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子の中国進出は成功するか バラエティースキルを活かせるかは未知数、反日感情の影響も
NEWSポストセブン
14日聖望学園戦9回表、内角の球をライトスタンドに運ぶ大阪桐蔭3年・松尾汐恩(時事通信フォト)
大阪桐蔭の「扇の要」松尾汐恩を開花させたショートからキャッチャーへの転向秘話
NEWSポストセブン
元NHK・内藤裕子アナが入局当時のエピソードを語る
【全6局「人気女子アナ」同窓会#2】民放が参考にしていたNHKのアクセント
週刊ポスト
1946年1月25日、新発売の煙草「ピース」を求める人々が銀座松屋に列を成す。写真=庭田杏珠 × 渡邉英徳『AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争』(光文社 2020年)より
鮮やかによみがえる「終戦と復興」写真のカラー化がもたらす記憶の“解凍”
週刊ポスト
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
左から元NHK・内藤裕子、元日本テレビ・馬場典子、元テレビ朝日・石井希和、元TBS・竹内香苗、元テレビ東京・亀井京子、元フジテレビ・中村仁美
【全6局「人気女子アナ」同窓会#1】給料、社食…新人時代はクレーム対応も
週刊ポスト
約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン