北島三郎一覧

【北島三郎】に関するニュースを集めたページです。

北島三郎
北島三郎「足の指7本骨折」で車椅子生活も「年間1億円の種馬ビジネス」は盤石
 歌手生活60周年を超える北島三郎(86才)の「終活」がいよいよ大詰めを迎えているようだ。3月末に、北島音楽事務所に所属する北山たけし(49才)をはじめベテランの原田悠里(68才)、山口ひろみ(47才)、大江裕…
2023.05.07 07:00
NEWSポストセブン
北島三郎の記録を抜く訳にはいかない?(時事通信フォト)
20年で激減…紅白歌合戦で演歌勢の縮小続く 北島三郎「50回出場で勇退」も影響か
 11月の出場者発表では「中高年の視聴者が切り捨てられた」などという指摘も出ていた今年の『NHK紅白歌合戦』。その後、特別企画で加山雄三、松任谷由実、安全地帯、「桑田佳祐feat.佐野元春,世良公則, Char,野口…
2022.12.31 07:00
NEWSポストセブン
2018年の第69回では桑田佳祐と松任谷由実が共演
黒柳徹子、宮沢りえ、桑田佳祐、松任谷由実…紅白歌合戦「もう一度観たい」名場面
 2022年の紅白歌合戦の出場歌手が発表されると、「若者に媚びている」「中高年は切り捨て」といった批判が沸き上がった。視聴者は紅白に何を求めているのか──名場面を振り返ってみよう。【第19回(1968年)江利チ…
2022.12.26 19:00
週刊ポスト
歌謡曲に造詣の深い3名が考える“夢の紅白歌合戦”は?(左からスージー鈴木、合田道人、太田省一。撮影/佐賀章広)
1960年代生まれ3人の識者が語り合う「紅白歌合戦、夢のラインナップ」
 昭和、平成、令和と受け継がれてきた『NHK紅白歌合戦』。今回、歌謡曲に造詣の深い太田省一氏、合田道人氏、スージー鈴木氏という1960年代生まれの3人が“紅白歌合戦の夢のラインナップ”を考え、思い思いに語り合…
2022.12.25 07:00
週刊ポスト
「もし実現したら最高な紅白歌合戦」シナリオを作成
読者が選んだ「実現したら最高な紅白歌合戦」タモリ司会、明菜と永ちゃんが歌リレー
「若者に媚びている」「中高年は切り捨て」──2022年の紅白歌合戦の出場歌手が発表されると、大きな批判が沸き上がった。ならば、理想の歌合戦を自分たちで決めようではないか! ということで、「週刊ポスト」読者1…
2022.12.24 07:00
週刊ポスト
美川憲一ほか紅白「落選歌手」が「あの人だけは出してよ!」
美川憲一ほか紅白「落選歌手」が「あの人だけは出してよ!」
 年末恒例のNHK「紅白歌合戦」には、その華やかな舞台の裏で、大物歌手の出演・落選の悲喜が交錯する。今年は五木ひろしが落選したことが話題になったが、これまでも多くのアーティストが栄光のステージを静かに去…
2021.12.25 07:00
NEWSポストセブン
高田文夫氏 根っからの東京っ子として呑み屋街にエール
高田文夫氏 根っからの東京っ子として呑み屋街にエール
 放送作家、タレント、演芸評論家で立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。今回は、東京っ子として応援したい呑み屋街についてお送りする。 …
2020.06.12 07:00
週刊ポスト
萩本欽一が考える運・不運とは?
センバツ球児にエールを贈る萩本欽一流「運の哲学」
 3月11日、日本高校野球連盟は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、19日開幕の『第92回選抜高校野球大会』の中止を発表した。この決断に賛否の声が上がる中、萩本欽一が独特の人生観から、センバツ球児たちへの応…
2020.03.18 16:00
NEWSポストセブン
嵐の紅白出場は好景気のサイン? 2020年も景気拡張は続くか
嵐の紅白出場は好景気のサイン? 2020年も景気拡張は続くか
 いよいよ2019年も残りわずか。年越しの定番であるNHK紅白歌合戦を楽しみにしている人も多いだろう。今年は2020年いっぱいで活動休止を発表している人気グループの嵐が11回目となる出演を果たすのに加え、メンバー…
2019.12.29 11:00
マネーポストWEB
堀尾正明アナが語る紅白裏話、台本到着日程や宴会部長の名
堀尾正明アナが語る紅白裏話、台本到着日程や宴会部長の名
 空前のメダルラッシュとなったアテネ五輪や“冬ソナ”ブームに沸いた2004年。同年にNHK紅白歌合戦の総合司会を務めた元NHKアナウンサー堀尾正明氏が、知られざる紅白の舞台裏を語る。 * * * NHKのアナウンサ…
2019.12.22 07:00
週刊ポスト
八王子vs立川の多摩の覇権争い 「買って住みたい街」調査では八王子に軍配
八王子vs立川の多摩の覇権争い 「買って住みたい街」調査では八王子に軍配
 住んでみたい街の理想と現実には、得てして大きな差があるものだ。憧れのあの街は果たして本当に素敵な街なのか? まったくノーマークだけど、実は住みやすい街は? 今回は「八王子」(東京都八王子市)につい…
2019.11.23 13:00
マネーポストWEB
親子丼、天丼、海鮮丼…行列のできる激旨どんぶり都内6選
親子丼、天丼、海鮮丼…行列のできる激旨どんぶり都内6選
 食欲の空きを食べ尽くすのにピッタリなのがどんぶりもの。トロットロ、サックサク、ガッツリスタミナ満点……行列ができる都内の6店の激旨どんぶりを紹介しよう。◆進化を遂げた老舗の元祖親子丼 『玉ひで』(人形…
2019.11.08 16:00
週刊ポスト
盛大な「お別れの会」に多くの人が駆けつけた
ジャニー喜多川さん、意味深な誕生日会写真を読み解く
「ジャニーさん、ハッピーバースデー!」。50人近い所属タレントがそう声をそろえたかと思うと、手拍子をし、体を揺らしながら、『ハッピーバースデートゥーユー』を歌う。 その中心にいたのは、ジャニー喜多川さ…
2019.09.12 16:00
女性セブン
小林幸子を「どん底」から救ってくれた北島三郎の言葉
小林幸子を「どん底」から救ってくれた北島三郎の言葉
 事務所の「お家騒動」によってマスコミから大バッシングされ、一時はテレビ出演どころか新曲も出せない窮地に陥った小林幸子(65)。そんな「どん底」から復活した小林の胸に響いたのは、サブちゃんこと北島三郎…
2019.06.29 16:00
NEWSポストセブン
平成の紅白は挑戦の連続だった(2018年の紅白に出場したDA PUMP)
平成の紅白歌合戦 打ち切り説を乗り越えた挑戦の歴史
 元号が平成から令和に変わる直前の4月29日、NHKで『総決算!平成紅白歌合戦』が放送された。平成元年から平成30年までの紅白歌合戦をVTRで振り返りながら、第1部では北島三郎、松田聖子、嵐という歌手たちが、第2…
2019.05.03 16:00

トピックス

紀子さま(9月24日撮影、EPA=時事)
【宮内庁騒然】紀子さまが「美智子さまを“皇后”」「ベトナム訪問を“旅行”」と表現されて
NEWSポストセブン
落合博満氏と渡邉恒雄氏の「約束」とは(時事通信フォト)
【待望論】巨人・原監督辞任なら落合博満監督の誕生はあり得るのか 退団時の渡邉オーナーとの約束
NEWSポストセブン
木村拓哉
【全文公開】木村拓哉、「事務所を立て直す」の強い思いで積極的に“全方位外交” 因縁を越えてDA PUMPのライブも訪問
女性セブン
復帰となるか
「最新手術」「二刀流継続」「新チームへの移籍」大谷翔平の“選手生命を左右する3つの賭け”
女性セブン
ジャニーズ事務所
大野智が描いた「ジャニー氏の肖像画」はもう1枚あった? 宮古島のバーに飾られた“ダークな男性の顔の絵”
女性セブン
退職届の提出が報じられた木村玉治郎(時事通信フォト)
三役格行司・木村玉治郎の退職届騒動のウラ側にあるのは「約9年ぶりの『木村庄之助』誕生と年功序列人事の弊害」か
NEWSポストセブン
10月には32才となる眞子さんと、小室氏
小室圭さん、セレブ人脈を期待され重要任務に引っぱりだこ 「表舞台から離れたい」眞子さんの希望は遠のくばかり
女性セブン
降谷建司
《MEGUMIと離婚へ》降谷建志は「モンスト」ガチ勢、不倫相手・A子さんも「真っ赤なプロTシャツ」 2人は「ストライカー仲間」だった
NEWSポストセブン
羽生結弦(AFP=時事)と末延さん
羽生結弦結婚で「地元の人達は知っていた」相手の素性がなかなか広がらなかった理由
NEWSポストセブン
フィリピン・マニラ首都圏にある入国管理局「ビクタン収容所」入り口の検査場。特殊詐欺グループから発展した広域強盗事件の指示役は収容所のなかから指示を出していたと言われている(時事通信フォト)
特殊詐欺グループの拠点「ハコ」事情 駅近、住宅街、非築浅マンション4~9階が選ばれる傾向
NEWSポストセブン
不倫相手ら“モンスト仲間”との密着写真を撮影していた降谷建志
《密着写真》MEGUMI最愛の息子と不倫相手が一緒に……我慢できなかった夫・降谷建志の“モンスト仲間”パリピ女子との不貞
NEWSポストセブン
羽生と並んで写真に収まる末延さん(写真はSNSより)
羽生結弦に飛び交う「もう別居」情報 元バイオリニストの妻は仙台とは別の場所に拠点、同居にこだわらぬスタイルか
女性セブン