芸能

倉本聰 大原麗子の死が『やすらぎの郷』執筆に影響した

大原麗子の死が『やすらぎの郷』にも関わっているという倉本聰氏

 往年の大スターが勢ぞろいしたドラマ『やすらぎの郷』(毎週月~金曜昼12時半~、テレビ朝日系)が、いよいよクライマックスを迎える。今作の脚本を手掛けた脚本家・倉本聰さんが、居を構える北海道・富良野でドラマにかける思いを語った。

 富良野の自然が一望できるそのソファは、きっとお気に入りの場所なのだろう。倉本さんはアトリエでおいしそうに煙草をくゆらせながら、窓の外の白樺林をなめらかな筆づかいでスケッチしていた。東京から北海道の富良野に移り住んで40年が経つという――

「ここに小屋を建てて、最初に泊まりに来たのが女優の大原麗子(享年62)でした。あれだけの大スターが孤独死して、3日も発見されなかった。異常な死でしたよね。あまりに衝撃が大きくて、近しい人間としてはこたえました。実は、彼女の死が『やすらぎの郷』の執筆に深くかかわっています。

 テレビ局の人間と違ってぼくら現場の人間はフリーの一匹狼で、何の保障もない。俳優だって、売れなくなったら事務所から捨てられちゃうだろうし。そんな老いた一匹狼たちを受け入れるのが“やすらぎの郷”です」(倉本さん)

◆八千草薫という沢庵石がなければいい漬物はできない

「思い入れの強いキャラクターを挙げるなら、やすらぎの郷創設者の加納英吉。そしてその加納が生涯をかけて愛し、守り抜いた女性、九条摂子ですね。姫(=九条摂子)が特攻前夜に少年兵と食事をするというエピソードがありますが、あれは木暮実千代さんや高峰三枝子さんなど、戦前の女優さんたちに聞いた史実をもとにしています。

 何より今回は、姫を演じるヤチさん(八千草薫・86才)のお芝居がすごい。ヤチさんはオーバーなことは何ひとつしない、笠智衆さん(1993年死去、享年88)的な演技に変わってきている。

 そこに心の美しさがジワッとにじんで、あの味はもう八千草薫にしか出せない。姫がいるから、『やすらぎの郷』が成り立っている。彼女は、漬物石的な存在です。その姫を殺しちゃったもんだから(第112話で死去)、続編を考えてほしいと言われても無理なんですよ。あの沢庵石がなかったら、いい漬物はできないですから」(倉本さん)

撮影/矢口和也

※女性セブン2017年9月28日号

関連記事

トピックス

愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
W杯に連続出場しているクリスチアーノ
ロナウドの2ショット(写真/Getty Images)
W杯で活躍するスター選手たち パートナーや家族とのゴージャスショット
女性セブン
スーパーセーブを見せてくれた権田選手(Sipa USA/時事通信フォト)
【W杯】日本の守護神・権田修一が「勝利直後」にカタールから日本の漫画家に送っていたメッセージ
NEWSポストセブン
上海のウルムチ路でデモは起こった
東京・新宿の「習近平退陣デモ」参加者が証言「日本に来てようやく中国共産党の恐ろしさを知った」
NEWSポストセブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
ハイタッチする人々
【W杯 渋谷の狂騒】スポーツバーではナンパ目的の大学生に「お前ら帰れや!」と怒号、試合後にはゴミ散乱
NEWSポストセブン
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
宮澤エマがスマイル
『鎌倉殿』実衣役の宮澤エマ 下積み時代も“宮澤喜一の孫”を売りにはしなかった
NEWSポストセブン