国内

いつまで墓を守れるか…から不安消えた「墓じまい」体験談

「墓じまい」で苦労する点は?

「死んだら、代々の先祖が眠る墓に入るのが当たり前」と考えられていた時代も終わろうとしている──。継承者の不在、墓の管理・墓参りの負担、さまざまな理由から「墓の片づけ」をする人が増えている。

 とはいえ、“墓じまい“をするのはそう簡単なことではない。大阪府に住む松田孝子さん(仮名・70才)を例に、墓じまいの裏側をレポートする。

◆夫はすでに死去、子供はいない

「“墓じまい”を終えて、胸に抱いていた不安がすっと消えていきました。新しいお墓は家から1時間もかかりません。すごく行きやすくて、駅から無料送迎バスも出ているんですよ」

 維持できないお墓を撤去し、遺骨を整理する“墓じまい”。今年9月上旬に墓の撤去工事を終えたばかりの松田さんは、すがすがしい様子で話す。墓じまいを考えたのは、家から電車で2時間かかる夫の墓に、通い続けられないと感じたからだった。

「年齢を重ねるとともに、お墓参りをする精神的、体力的な負担が重くなってきました。往復にかかる時間は4時間、お花を買って、お墓の掃除をして、周りの雑草を抜いて、と細々作業していると2時間はかかります。翌日は足も腰も痛くなっちゃって。月に1度は行くようにしていたのですが、それでも花立の水がヌルヌルになってしまうのが気がかりで、1年前にとうとう造花に変えました」

 いつまで墓を守り続けられるのか──。古希を迎え終活を意識した松田さんは、“自分でできるうちにやろう”と、墓じまいを実行した。

 夫は17年前に亡くなった。夫のきょうだいは全員亡くなっていて、墓に入っていたのは末っ子だった夫のみ。墓じまいにあたり親族トラブルはなかった。

「それでも事前にきちんと相談はしました。夫のきょうだいの子供たちは『いいことだよ』って賛成してくれました。親族トラブルが多いと聞くので、それは幸運でした」

◆いちばん気を使った「寺への申し出」

関連キーワード

関連記事

トピックス

本田圭佑氏の解説が視聴者に受け入れられたポイントは?(Getty Images)
まだ間に合う「解説・本田圭佑」入門 事前に把握しておきたい「さん付け以外」の8人
NEWSポストセブン
高橋一生が夜の街を仕事関係者らしき男性とともに
高橋一生「41才独身、女優のアプローチをいなし、愛犬に愛情注ぐ」モテモテなのに結婚しない理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
松原千明さんの死の真相
追悼・松原千明さん「あんなに純粋でかわいらしい子はいない」愛娘すみれへの思い
女性セブン
金正恩氏と娘のツーショット(写真/朝鮮通信=時事)
北朝鮮・金正恩総書記、「娘の写真」公開で勃発する妹・金与正氏の子供との権力闘争
週刊ポスト
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン
夜の街でもオーラを放つ村上
村上宗隆、ハイブランドをさらりと着こなすオシャレぶり「こだわりの私服」で高級鮨店に
女性セブン
省人化のためセルフレジの導入がすすむが、トラブル対応で店員がつききりになることも(イメージ、Avalon/時事通信フォト)
元セルフレジ案内係の告白「他人を見張ることが辛くなって辞めました」
NEWSポストセブン
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
女性セブン
悠仁さま(写真/JMPA)
悠仁さまの成績不振報道に紀子さまの焦り 塾へ通うわけにもいかず家庭教師をお探し
女性セブン
松原千明さんの死の真相
松原千明さん、2回目の離婚で「人を信用できなくなった」 異国で感じていた深い孤独
女性セブン
焼き鳥デートの後にラブラブ帰宅
サンシャイン池崎 猫と暮らす自宅で年下恋人と同棲状態「隠してるわけではないんですけど…」
女性セブン