国内

いつまで墓を守れるか…から不安消えた「墓じまい」体験談

「墓じまい」で苦労する点は?

「死んだら、代々の先祖が眠る墓に入るのが当たり前」と考えられていた時代も終わろうとしている──。継承者の不在、墓の管理・墓参りの負担、さまざまな理由から「墓の片づけ」をする人が増えている。

 とはいえ、“墓じまい“をするのはそう簡単なことではない。大阪府に住む松田孝子さん(仮名・70才)を例に、墓じまいの裏側をレポートする。

◆夫はすでに死去、子供はいない

「“墓じまい”を終えて、胸に抱いていた不安がすっと消えていきました。新しいお墓は家から1時間もかかりません。すごく行きやすくて、駅から無料送迎バスも出ているんですよ」

 維持できないお墓を撤去し、遺骨を整理する“墓じまい”。今年9月上旬に墓の撤去工事を終えたばかりの松田さんは、すがすがしい様子で話す。墓じまいを考えたのは、家から電車で2時間かかる夫の墓に、通い続けられないと感じたからだった。

「年齢を重ねるとともに、お墓参りをする精神的、体力的な負担が重くなってきました。往復にかかる時間は4時間、お花を買って、お墓の掃除をして、周りの雑草を抜いて、と細々作業していると2時間はかかります。翌日は足も腰も痛くなっちゃって。月に1度は行くようにしていたのですが、それでも花立の水がヌルヌルになってしまうのが気がかりで、1年前にとうとう造花に変えました」

 いつまで墓を守り続けられるのか──。古希を迎え終活を意識した松田さんは、“自分でできるうちにやろう”と、墓じまいを実行した。

 夫は17年前に亡くなった。夫のきょうだいは全員亡くなっていて、墓に入っていたのは末っ子だった夫のみ。墓じまいにあたり親族トラブルはなかった。

「それでも事前にきちんと相談はしました。夫のきょうだいの子供たちは『いいことだよ』って賛成してくれました。親族トラブルが多いと聞くので、それは幸運でした」

◆いちばん気を使った「寺への申し出」

関連キーワード

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
【電撃結婚】大谷翔平の日ハム同期、元コーチも祝福「野球以外にも興味があってよかった」「女性の影はなかった」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン