芸能

梅沢富美男「あくまで俺は舞台役者。炎上は怖くない」

「炎上なんて怖くない」と言い切る梅沢富美男

 バラエティー番組やワイドショーで大人気の梅沢富美男(66才)。毎日のようにズバズバとものを言い、老若男女をスッキリさせている。そんな忖度なしの本音だらけのエッセイ『富美男の乱』(小学館)もこの度、上梓した。

「間違っている、筋が通らないことはおかしいとハッキリ言う。遠慮も忖度もしない。だって今、老いも若きも周りに気を使ったり空気を読めとか言われて、言いたいことも言えなくなってるだろう。そんな息苦しい世の中だからこそ、俺は言うぞ、みんなの代弁してやるぞと思ってさ」

 梅沢は、自分の発言がネットで炎上しようが、問題視されてテレビに出られなくなろうが、「ちっとも怖くない」そうだ。それは「あくまで俺は『舞台役者』だから」。

 テレビでキレまくっている梅沢を知らない人は今やいないだろうが、梅沢は本来、舞台生活50年という筋金入りの「役者」である。

 1才5か月で両親が率いる「梅沢劇団」で初舞台、15才で役者本格デビュー。1983 年に“下町の玉三郎”として女形でブレークした。テレビの人気者となった現在も、大都市の大劇場から全国各地のホールまで、年間180日は舞台に立つ。

「売れない時期も長くてさ。客から“ヘタクソ!”って罵声を浴びたりもしたよ。それでもめげずに、目の前の客を笑わせるためにどうすればいいか試行錯誤したし、売れるようになってからも、さらに上の芸をめざして、日々舞台に立ちながら芸を磨いてきた自負があるよね。それが今でも大劇場から呼ばれ続けたり、テレビのトーク番組で笑いを取ることにも役立ってるんだと思う」

撮影/相澤裕明

※女性セブン2017年10月12日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
巨人新体制に最重鎮OBが怒り(写真/共同通信社)
巨人・阿部ヘッド「原監督の後継者」宣言も 次期監督に「松井秀喜、高橋由伸待望論」
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン
今年の共通テスト。大学受験のためには中学受験をすべきか、高校受験がよいのか。受験事情に詳しい藤沢氏に聞いた(時事通信フォト)
かつて学歴否定派だった藤沢数希氏 1000万円かけて私立中高一貫校に通わせる効果を解説
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
東京電力も家庭向け電気料金値上げを申請(時事通信フォト)
電気代とガス代の高騰はもはや「恐怖」の水準 これで値上げが終わりなわけでもない
NEWSポストセブン