芸能

立川志の輔 同じ物語でも観る度に新鮮で説得力も増す

人気者・志の輔の魅力を落語通が紹介

 音楽誌『BURRN!』編集長の広瀬和生氏は、1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接している。広瀬氏の週刊ポスト連載「落語の目利き」より、いま最も客を呼べる落語家の立川志の輔について紹介する。

 * * *
 いま最も観客動員力がある落語家、立川志の輔。彼は通常の独演会で全国を精力的に廻る他、独特な「毎年恒例の企画公演」をいくつも行なっている。

 近代落語の祖・三遊亭圓朝が明治17年に人形町末広で15日間かけて口演した『怪談牡丹灯籠』。通しで演じると20時間は掛かるというこの長編人情噺を2時間半ですべて演じる「恒例牡丹灯籠 志の輔らくごin下北沢」(本多劇場)は2006年が初演。今年は7月後半に9公演行なわれ、僕は28日に観た。

 初演以来ほぼ毎年観ているのだが、まったく飽きないどころか観るたびに新鮮で、年に一度しか聴けないことが残念だ。それくらい、よくできている。

 公演は2部構成。第1部は浴衣姿の志の輔がステージに立ち、巨大パネルの人物相関図を用いて『牡丹灯籠』の前半部分を語る。ここには「カラン、コロン」で有名な怪談は出てこない。志の輔はこの第1部で、『牡丹灯籠』が「孝助という男が主人の仇を討つ物語」なのだということをわかりやすく教えてくれる。

 10時間分の内容を1時間に凝縮しながら、それが単なるあらすじではなく見事な「芸」になっているのは、自らの視点で物語を再構築してあるからこそ。最後は圓朝作品本来の流れから離れ、後半に出てくるべき「孝助がある男に出くわす場面」のさわりを演じ、「後半の主役はこの男です。いったい、この相関図の中の誰なのでしょうか」と、含みを持たせて前半を締めくくる。

関連キーワード

関連記事

トピックス

死亡が確認されたシャニさん(SNSより)
《暴徒に唾を吐きかけられ…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の母親が“残虐動画の拡散”を意義深く感じた「悲しい理由」
NEWSポストセブン
お騒がせアイドルとして人気を博した榎本加奈子
《略奪婚から20年》43歳の榎本加奈子「爆弾発言アイドル」から敏腕社長に転身「人気スープカレー店売却」で次に狙う“夫婦念願の夢”
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
《関西外大の女子大生を刺殺》「自宅前で出待ちされて悩んでいた」殺害された女性宅周辺で目撃されていた「怪しい男」抵抗されながら刺し続けた交際相手の強い殺意
NEWSポストセブン
所属事務所は不倫を否定(時事通信フォト)
《星野源と新垣結衣が完全否定》「ネカフェ生活」NHK・林田理沙アナとの疑惑拡散の背景「事務所が異例の高速対応」をした理由
NEWSポストセブン
退所を発表した松本潤
【松本潤が独立】7月から野田秀樹氏が手がける舞台に出演、ロンドンでも上演 舞台初共演の長澤まさみの“凄み”に刺激を受ける
女性セブン
2018年8月に本誌の取材を受けた際も“ねじねじ”だった(撮影/小暮誠)
急逝・中尾彬さん 萬田久子、名取裕子、由美かおる、安達祐実らとの「美女対談」で際立っていた博覧強記
週刊ポスト
7月のイベントでファンの前に姿を見せる中森明菜(YouTubeより)
《7月のイベントで完全復帰へ》中森明菜、SNS時代にささやかれる不安要素 「陽」の聖子と比較して「陰」と評された歌姫は再びかがやくことができるのか
NEWSポストセブン
大谷のサプライズに驚く少年(ドジャース公式Xより)
大谷翔平、始球式サプライズに「なんてナイスガイなんだ」と全米絶賛 幻となった“真美子夫人の始球式”は7月以降に実現の可能性
女性セブン
9月の誕生日で成年を迎えられる(4月、東京・町田市。写真/JMPA)
【悠仁さまの大学進学】幼稚園と高校は“別枠”で合格、受験競争を勝ち抜いた経験はゼロ 紀子さまが切望する「東京大学」は推薦枠拡大を検討中
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
5月に入り病状が急変し、帰らぬ人となった中尾彬さん
【中尾彬さん逝去】数か月体調優れず、5月に入って容体が急変 葬儀は近親者のみ、妻・池波志乃さんは憔悴しながらも参列者に感謝
女性セブン
亡くなったシャニさん
《7か月を経て…》ハマスに半裸で連行された22歳女性が無言の帰宅、公表された最期の姿「遺体の状態は良好」「肌もタトゥーもきれいに見える」
NEWSポストセブン