国内

駅弁ファンの聖地・山梨県小淵沢の人気駅弁を5つ紹介

『高原野菜とカツの弁当』(1000円)

 鉄道が開通して、今年で145年、駅弁誕生は132年前といわれている。もはや列車の旅に欠かせない駅弁。なかでも駅弁マニアの聖地、小淵沢がアツイ!

◆駅弁の常識を覆す“非常識”に出会う旅

 山梨・小淵沢駅は今年7月に新駅舎となり、八ヶ岳、南アルプスを眺めながら駅弁を楽しめるテラスも完成。9月には『マツコの知らない世界』(TBS系)で櫻井寛さんが「小淵沢はマニアの聖地」とユニークな駅弁の数々を紹介。問い合わせが殺到し、一部商品は生産が追いつかないほど人気となっている。

 新宿から特急で約2時間。1日の乗車人員が1500人に満たない小淵沢駅が“聖地”となった理由を、櫻井さんは「都心からアクセスしやすく、マニア心をくすぐる駅弁が揃っているから」と話す。

「常温で長時間保存が“常識”の駅弁なのに、生野菜がメインのおかず。釜飯は注文後作り始めて、アツアツ…。マニアだからこそ、こういった“非常識”がツボにはまるんです」

◆土地のおいしいものを活かしてこそ、駅弁

「同じチキンカツを使った駅弁でも『高原野菜とカツの弁当』と『カツサンド』では、それぞれ違った歯ごたえを出すために、揚げ油の配合を変えています」と、こだわりを教えてくれたのは、小淵沢で駅弁を販売する『丸政』の古屋美彦さん。

「そもそも駅弁は、その土地の名産をお弁当に仕立てたものであるはず。小淵沢は、高原ならではのレタスやセロリ、地元のブランド和牛など、土地の個性を駅弁に活かすことに成功しています」(櫻井さん)

 牛肉の弁当は全国にあるが、上質な信州産和牛で作っている。信州りんごを弁当に入れるなど、地域の個性と、弁当ひとつひとつに隠されたこだわりが、人気の駅弁を生み出しているのだ。

 前出の弁当をはじめ、秋旅のお供にしたい、マニアたちが太鼓判を押す逸品を5つご紹介!

◆『高原野菜とカツの弁当』(1000円)
 レタス、きゅうり、セロリなどの生野菜を使用しているため、製造後6時間しか販売できない小淵沢限定のレア駅弁。チキンカツの食感もいいと、マツコも絶賛。

◆『直火炊き 山菜鶏釜めし』(1000円)
 櫻井さんが「でき上がるまで45分かかるので、新宿で特急電車に乗る前に電話注文して、熱々を食べる」とテレビで紹介したところ、現在は予約困難に。小淵沢駅裏にある厨房で作られている。※要予約。

◆『小淵沢丸政の信州牛御辨當』(1980円)
 櫻井さんが「肉が軟らかくてジューシーで、びっくりしますよ!」と太鼓判を押す。秘伝のたれで焼き上げた信濃のブランド和牛『りんごで育った信州牛』のA4・A5ランク肉が、一面ギッシリ。

◆『八ヶ岳高原たまごサンド』(650円)
 厚焼きの卵焼きにマスタードを薄く塗ってサンド。東京駅の駅弁専門店『祭』でも販売されるが、午前中に完売することも。

◆『地元のうまいものを詰めたおこわの二段弁当』(1600円)
 1985年に誕生した看板商品。「地元の食材を使ったWおこわの駅弁。懐かしい経木の折詰がいい味出している」(櫻井さん)。

※掲載している商品の情報はすべて2017年10月現在、編集部調べ。

※女性セブン2017年10月26日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン