ライフ

湯気とイカの匂いが温かい 中野の路地裏角打ちは家族気分

ひっそりとした路地裏に突如出現する店の中では、誰もが家族のように寛いでいる

「こんな所にこんな楽しい店が隠れていたなんて」

 今ではすっかり常連となった人々が、初めてこの店で角打ちをしたときの共通の感想だ。
 
 この店の名は、『永世屋』(ながせや)。場所は東京・中野。
 
 JR中野駅北口を背にすると、左向かいに『中野サンプラザ』、前にはアーケードや飲食店街の灯りが煌めく、まさに繁華街が目に飛び込んでくる。
 
 しかし、店はそちらにはない。北口を左手に進み、線路沿いの小路を高円寺方面へ向かうと、同店手作りの道案内板を目印に路地に入る。
 
 途中、商店などは1軒としてなく、日も落ちたとはいえ、まだ夕方6時過ぎというのに、ほとんど人通りもなく、出合うのは北風ばかり。駅からほんの6分の道のりなのにだ。

 看板には、屋号の前に“路地裏の”と記され、主人の笠井正尚(まさなお)さん(61歳)が「いらっしゃい、路地裏の永世屋です」と笑顔で迎えてくれる隠れ家のような店。
 
 元々が薪炭商だったのだが、酒屋として再スタートを切ったのは昭和62年。そして角打ちは6年ほど前に始めたという。
 
「親父が炭屋を閉めてしまいましてね。そこで、酒問屋に勤めていた私が、いとこたち親戚中の後押しも受け、この場所で酒屋を始めることになったんですよ」(正尚さん)
 
 その後、順調な歩みを続けてきたが、酒販免許の自由化などにより、ピンチが訪れる。

「そこで、飲める酒屋にしようと考えて、店内に『酒屋のちょい呑み場』を設けたんです。でも初めはお客さんが来ないんで、やけになって自分で飲んでいましたね」(笑い)。

関連記事

トピックス

弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
アントニオ猪木へのリスペクトは数え切れない
桑田佳祐も「天皇の執刀医」も熱烈な“猪木信者” 各界のトップたちに燃える闘魂が与えた影響
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
互いに認め合い、激動の80年代を駆け抜けたふたり
中森明菜と松田聖子、認め合っていた2人 かつて飛び交った不仲説の真実
週刊ポスト
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
2010年3月に行われた円楽さんの襲名披露会見
逝去の三遊亭円楽さん 故・桂歌丸さんが闘病の支えに「呼びにきちゃダメだよって……」
NEWSポストセブン
ノーヘル走行が可能な電動キックボードだが……(イメージ、NurPhoto via AFP)
死亡事故が起きた電動キックボード なぜ「ノーヘルOK」にこだわるのか
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン