ライフ

湯気とイカの匂いが温かい 中野の路地裏角打ちは家族気分

ひっそりとした路地裏に突如出現する店の中では、誰もが家族のように寛いでいる

「こんな所にこんな楽しい店が隠れていたなんて」

 今ではすっかり常連となった人々が、初めてこの店で角打ちをしたときの共通の感想だ。
 
 この店の名は、『永世屋』(ながせや)。場所は東京・中野。
 
 JR中野駅北口を背にすると、左向かいに『中野サンプラザ』、前にはアーケードや飲食店街の灯りが煌めく、まさに繁華街が目に飛び込んでくる。
 
 しかし、店はそちらにはない。北口を左手に進み、線路沿いの小路を高円寺方面へ向かうと、同店手作りの道案内板を目印に路地に入る。
 
 途中、商店などは1軒としてなく、日も落ちたとはいえ、まだ夕方6時過ぎというのに、ほとんど人通りもなく、出合うのは北風ばかり。駅からほんの6分の道のりなのにだ。

 看板には、屋号の前に“路地裏の”と記され、主人の笠井正尚(まさなお)さん(61歳)が「いらっしゃい、路地裏の永世屋です」と笑顔で迎えてくれる隠れ家のような店。
 
 元々が薪炭商だったのだが、酒屋として再スタートを切ったのは昭和62年。そして角打ちは6年ほど前に始めたという。
 
「親父が炭屋を閉めてしまいましてね。そこで、酒問屋に勤めていた私が、いとこたち親戚中の後押しも受け、この場所で酒屋を始めることになったんですよ」(正尚さん)
 
 その後、順調な歩みを続けてきたが、酒販免許の自由化などにより、ピンチが訪れる。

「そこで、飲める酒屋にしようと考えて、店内に『酒屋のちょい呑み場』を設けたんです。でも初めはお客さんが来ないんで、やけになって自分で飲んでいましたね」(笑い)。

関連記事

トピックス

みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
堂安律
スペイン戦同点弾の堂安律 地元・尼崎の商店街で称賛続々も「やっぱり岡田阪神のほうが楽しみや」の声
NEWSポストセブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
ハイタッチする人々
【W杯 渋谷の狂騒】スポーツバーではナンパ目的の大学生に「お前ら帰れや!」と怒号、試合後にはゴミ散乱
NEWSポストセブン
新井恵理那アナ、佐久間みなみアナも参戦 W杯激戦の裏で女子アナ「自撮り応援合戦」
新井恵理那アナ、佐久間みなみアナも参戦 W杯激戦の裏で女子アナ「自撮り応援合戦」
NEWSポストセブン
街コンにも様々なタイプが…(イメージ)
既婚者だけが集まる「不倫街コン」 会場全体で「パートナーには内緒」の共犯関係が成立
週刊ポスト
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
宮澤エマがスマイル
『鎌倉殿』実衣役の宮澤エマ 下積み時代も“宮澤喜一の孫”を売りにはしなかった
NEWSポストセブン
「田中碧選手のファンです!」と語る2人組
「“にわか”で初めてユニフォーム着た!」渋谷で田中碧ファンのほろ酔い女性が逆転弾に大興奮
NEWSポストセブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン