ライフ

湯気とイカの匂いが温かい 中野の路地裏角打ちは家族気分

七輪で炙った丸干し真イカは焼酎ハイボールによく合う

 それがいつのまにか、ここは俺の店だ、私の家だという常連客が毎日のようにやってくるようになった。
 
 なんといっても、店にいる主人、夫人(美津子夫人)と3男の勇太さん(2代目。34歳)の仲良し親子の明るさが客を惹きつけるのだ。
 
「僕が友人に連れられて初めて来たときは、まさか、こんな寂しい場所に飲める所なんてないだろうと半信半疑で腰が引けて。でも店に入ったら、いつのまにか幸せ顔になっていました。

 以来、友人を何人も連れて来るんですが、みんな最初は、僕と同じ反応で、結局幸せ顔になって、リピーターになりますね。ご家族と常連さんのやり取り、これがものすごく楽しくて、すぐ打ち解けますよ。家族の一員感覚になるんです」(40代、電機メーカー)

「私は下町・神田で生まれ育った人間なんですがね。昔は、近所の人たちが何かといっては集まっては飲む家がいくらでもありましたよ。ここにはね、そういう懐かしさがあります。身内みたいになれるものだから、うれしくてつい足が向くんです」(50代、印刷業)

「繁華街の居酒屋だと単なる客でしかないでしょ。でもここでは一体感と言うか、店も客も自分と共にあるって感じがするんですよ」(60代、建築業)
 
 と、だれもが、客ではなく大家族気分になって、飲んでいる。
 
 ちなみに、正尚さんには3組の息子夫婦に孫が6人いるそうだ。

 そんな大家族の集まる「酒屋のちょい呑み場」には、寒い季節になると粋な演出をしてくれる小道具が登場する。
 
「元が炭屋ですからね。火鉢や七輪はいくらでもあるんですよ」(正尚さん)

 炭屋時代に囲炉裏のあった場所に火鉢が置かれ、その周りをP箱(酒のケース)を重ねただけの角打ち台が囲む。

 そこではいつも炭火が熾(おこ)り、鉄瓶がふつふつと湯気を立てていて、大家族を冬の寒さと乾燥から護っている。
 
 そして、その脇には、やはり炭火の熾る七輪が置かれている。

「ここのつまみにはね、とんでもないピリ辛が癖になる柿の種とか、大根の味噌漬けとか、けっこうな珍味が揃っているんですよ。中でも、この丸干し真イカは最高ですよ。みんなこの七輪の炭火で炙って、うまそうに食べてます。

 そのときの匂いがまた酒の味を引き立ててくれるんですよ。嫌なことや悩みを不思議と癒してくれる匂いでもあります。もちろんみんなが一緒にいるからってこともありますけどね」(50代、教師)
 
 火鉢と七輪を囲み、珍味の匂いに癒されながら、みんなが飲んでいるのは、焼酎ハイボールだ。

「笠井さん父子の酒の目利きは確かですから、ふたりの薦める酒を素直に飲んでます。この焼酎ハイボールもいけますよ。甘くない点が選ばれたポイントだと思うし、そこが自分としてもお気に入り。この辛口加減が、何ともいえないうまさなんですよ」(50代、会社員)

関連記事

トピックス

同級生だった岸信千世氏と岸田翔太郎氏(右)
「明るい茶髪だった」岸田首相の長男と安倍元首相の甥・岸信千世氏は「慶応大の同級生」 友人が明かす2人の「学生時代の評判」
NEWSポストセブン
地上波ドラマ出演の話が立ち消えになったという深田恭子
深田恭子“40才経験ゼロ役”地上波ドラマ出演話が立ち消えに 「合わない」と判断した理由
女性セブン
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
女性セブン
遺体が見つかった直後の様子(時事通信フォト)
松戸市女児行方不明、DNA検査で南朝芽さんと判明 捜査員の姿が見えなくなった背景
NEWSポストセブン
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
女性セブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
小出恵介、30代美女と牛丼店デート 2人分をテイクアウトし、長期滞在型ホテルへ
女性セブン
(共同通信社)
プーチン氏による徴兵「対象は55才まで」「脱走は懲役10年」の現実、「死亡補償ゼロ」の可能性まで
女性セブン
首相秘書官に就任した長男の岸田翔太郎氏
秘書官就任の岸田首相長男「慶応大学時代の選挙応援で教授が激怒」「SNSにワイルド写真投稿」の素顔
NEWSポストセブン
新たな”エースアナ像”を体現しているテレ朝の弘中綾香アナ
資産15億円社長と結婚で“無双状態”の弘中綾香アナを待ち受けるアナウンス室の「出世の掟」
NEWSポストセブン
身振りを交え、目尻を下げながら話す三浦貴大
百恵さん次男・三浦貴大が水卜アナ似30代女性と熱愛 そば店&カラオケデートのあと彼女のワンルームへ
女性セブン
政界から安倍家が消えるとなれば、安倍洋子さんはどう思うのか(写真/共同通信社)
安倍氏国葬に「後継候補の実兄長男が欠席」 安倍家の「断絶危機」が表面化
NEWSポストセブン
大谷翔平
エンゼルス・大谷翔平 記録的シーズンの途中での異例1年契約は「WBC出場への決意」だと識者は指摘
NEWSポストセブン