スポーツ

競技復帰の今井メロ 4日間練習して全日本優勝できた

今でもスノボーでは日本代表クラスの今井メロ

 冬季五輪選手には美貌が印象的な女性アスリートも多い。中には“色っぽい話題”で耳目を集めた元選手たちもいる。

 18歳でトリノ五輪にスノーボード・ハーフパイプ代表として出場した今井メロ(30)。五輪前の会見で披露した奇妙な「メロラップ」で有名になった今井は、五輪本番で惨敗した後競技から離れた。

 間もなくキャバクラ嬢に転身。「お金に困り、友人の結婚式のご祝儀も用意できなかった」(今井)ため風俗店でも働いた。2013年にヌード写真集を発売すると、2017年にはとうとうアダルトデビューした。

「五輪後に一般企業の社長さんぐらいは稼いでいたこともあり、調子に乗ってホストクラブで遊び呆け、一晩で100万円ぐらい使うこともあった。そうしてアダルトの世界に入ったけど、今後はスノーボードの世界に戻りたいので、これ以上はアダルト路線に行き過ぎないようにしています。

 現在は指導員免許取得のため競技に復帰しています。昨年3月の全日本選手権の前に4日間だけ練習したら優勝できたので、自分の力は示せたかなと思っています」(今井)

※週刊ポスト2018年2月16・23日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン