今井メロ一覧

【今井メロ】に関するニュースを集めたページです。

2006年トリノ五輪で代表に選ばれた今井メロ(写真/共同通信社)
元スノボ五輪代表・今井メロの現在 美容の専門学校で勉強中
「♪ガンガン ズンズン グイグイ 上昇~」。トリノ五輪前の会見で「メロラップ」を披露し、話題を攫ったのがスノーボード・ハーフパイプ代表の今井メロ(34)。2013年にはヘアヌード写真集を発売し、2017年にはAVデビューするなど引退後の印象も強いが、現在はシングルマザーとして育児に奮闘している。「2010年に結婚し、長男を出産しましたが翌年に離婚。2012年に再婚し、長女が生まれましたが、こちらも1年ほどで離婚しました。2019年に3度目の結婚をしましたが、次男出産後に離婚しています。次男は夫が育てているため、今井さんは長男長女と3人で生活していました」(今井の知人) しかし、今井は長女とたびたび衝突するようになる。2020年12月、ブログで家出をして警察に保護されることもあったという長女を児童養護施設に預けることになったと明かし、〈一緒に暮らすのが円満とか 笑顔あふれる家庭とか それは理想論ですよね〉と、胸中を吐露。ブログには応援の声が寄せられた。 現状について、今井を知る在阪トレーナーはこう語る。「長女は今も児童養護施設に預けられていますが、今井自身はやはり葛藤を抱えているようです。 現在は長男と2人で暮らし、バイトやスノボの指導で収入を得ながら美容の専門学校に通い始めた。エステやリラクゼーションの仕事に就くため勉強をしているようです」 グイグイ再上昇を願うばかり。※週刊ポスト2022年1月14・21日号
2022.01.07 07:00
週刊ポスト
今井メロ「長女を施設に」と告白 非難より共感呼んだ理由
今井メロ「長女を施設に」と告白 非難より共感呼んだ理由
《ごめんなさい もう…分からなくなったんだ》《彼女はもうすぐ施設に入所します》──。12月1日、ブログでそう告白をしたのは元スノーボードハーフパイプ選手の今井メロ(33才)だ。学校で問題を起こすことが次第に増え、家出をして警察に保護されることもあった長女(9才)を、施設に預ける決意をしたという。今井は3人の子供の母親だが、親子関係は複雑だ。「2010年に最初の夫と結婚し長男を出産しましたが、翌年に離婚。2012年に再婚し長女が生まれるもやはり結婚生活は1年ほどで破綻しました。さらに2019年、3回目の結婚をし今度こそ幸せを掴むかと思われましたが、次男出産後に離婚。次男は夫が育てています。現在、今井さんは長男と長女との3人暮らし。ただ長女は今井さんの言うことを聞かず、長年衝突を繰り返していました」(今井を知る関係者) 2006年にトリノ冬季五輪に出場した後は競技から離れ、セクシー女優に挑戦したり美容整形を告白したりと、話題提供に事欠かなかった彼女。今回の告白も《世間の声は決して暖かくはないと思います 正直、多数の反感をかうでしょう》と批判を覚悟したが、ブログのコメント欄に並んだのは、予想に反して応援の声だった。「私だけじゃないんだと涙が出ました」「親だから、母だから‥‥そう思ってやってきたけれど、本当にどうしようも出来ない事って有りますよね」──他人事ではない、そう感じた親は少なくないという。子育て放棄ではないかと言う人もいるが、心理士で家族問題カウンセラーの山脇由貴子さんは、施設への入所は決して悪い選択ではないと言う。「手を尽くしても子供の問題行動が改善されない場合、精神的に追い詰められて虐待をしたり、子供を心底嫌いになったりする親も多い。特に母子家庭では子育てや経済的な苦悩をひとりで抱え込んでしまい、親の精神的、肉体的負担が計り知れない。自分が壊れるぐらいなら、施設を頼るべきです」 労働政策研究・研修機構が2014年に実施した「子育て世帯全国調査」によると、回答した母親のうち約1割が「わが子を虐待しているのでは」と思い悩んだことがあり、そのうち実際に育児放棄をした人は、母親全体で8.9%、母子家庭では19.2%という結果がある。 とはいえ、実際に施設に預けるとなると、子供がどのような生活を送るか目に見えず不安は大きいだろう。東京の児童養護施設『二葉学園』の武藤素明統括施設長は「以前より身近な選択肢と捉えてほしい」と言う。「『施設』というと狭い部屋で複数の子が共同生活を送る一般家庭とはかけ離れた暮らしを思い浮かべるかたもいるかもしれません。しかし、最近は国や自治体の補助金も手厚くなっており、いわゆる一般家庭と変わらない水準の生活を送れるようになっています。塾など習い事に通える施設もあります。 おそらく今井さんの長女は児童養護施設に入ると思います。子供の非行が原因の場合は1~2年間だけという期間限定のケースもある。まずは、ハードルを高くしすぎず、児童相談所や子ども家庭支援センターなどに相談してほしい」 今井はブログで《いつか笑顔で会えるように》とも書いている。今回の決断が、母娘にとって最良の選択であることを祈りたい。※女性セブン2021年1月1日号
2020.12.12 07:00
女性セブン
競技復帰の今井メロ 4日間練習して全日本優勝できた
競技復帰の今井メロ 4日間練習して全日本優勝できた
 冬季五輪選手には美貌が印象的な女性アスリートも多い。中には“色っぽい話題”で耳目を集めた元選手たちもいる。 18歳でトリノ五輪にスノーボード・ハーフパイプ代表として出場した今井メロ(30)。五輪前の会見で披露した奇妙な「メロラップ」で有名になった今井は、五輪本番で惨敗した後競技から離れた。 間もなくキャバクラ嬢に転身。「お金に困り、友人の結婚式のご祝儀も用意できなかった」(今井)ため風俗店でも働いた。2013年にヌード写真集を発売すると、2017年にはとうとうアダルトデビューした。「五輪後に一般企業の社長さんぐらいは稼いでいたこともあり、調子に乗ってホストクラブで遊び呆け、一晩で100万円ぐらい使うこともあった。そうしてアダルトの世界に入ったけど、今後はスノーボードの世界に戻りたいので、これ以上はアダルト路線に行き過ぎないようにしています。 現在は指導員免許取得のため競技に復帰しています。昨年3月の全日本選手権の前に4日間だけ練習したら優勝できたので、自分の力は示せたかなと思っています」(今井)※週刊ポスト2018年2月16・23日号
2018.02.14 07:00
週刊ポスト
兄も新たな世界で活動している
オタクタレント転身の成田童夢 スノボとアニメの架け橋に
 平昌五輪のニュースが連日報道される中、かつて白銀の舞台で活躍した選手たちを思い起こす──中でも印象深いのは、競技以外でも世間を騒がせた“記録よりも記憶に残る”選手たちだ。 印象的なラップで知られる今井メロの兄で、同じくスノーボード・ハーフパイプ代表だった成田童夢(32)も妹に負けないほどの大胆な転身を果たした。 2006年トリノ五輪では「日本人のすごさを見せてやる」などのビッグマウス、カメラに向かって披露するラップ、滑走直前の「フォー!」という雄たけびで話題をさらったが、結果は35位で予選敗退。引退し、その後はなんと“オタクタレント”として活動している。 昨年11月には痛板(アニメのキャラをペイントしたスノーボード板)ブランド『PERSONA SNOWBOARD』を立ち上げた成田が言う。「海外を中心にスノボーとアニメの架け橋になりたいんです。大人向け、男性向けの深夜アニメが流行り始めてから10年くらい。そうしたアニメとコラボできれば、世間がもっとスノボーに興味を持ってくれるはず。商品はもっと広げていきますよ。一番手がけたいアニメですか? 『けいおん!』です。あずにゃん(梓という女子高生のキャラクター)が大好きなんです。一択です!」 今回の平昌大会には弟の成田緑夢が出場する。現地で応援する予定の成田は「プロとしての復帰も視野に入れています。2022年の北京五輪では日本代表を目指します」とビックマウスは健在。競技に復帰した今井と共に、まさかの“兄妹で代表復帰”も夢ではなさそう。※週刊ポスト2018年2月16・23日号
2018.02.10 16:00
週刊ポスト

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン