ライフ

パンの耳は優秀食材、「代用、とろみ、ボリューム感」に使える

パンの耳を使った『パンde麻婆』

 パンは好きだけど、パサパサして硬いパンの耳はちょっと苦手という人も…。だからといって捨てるなんてもったいない! パンの耳は、煮てトロ~リ、焼いてパリッの変幻自在な“優秀食材“なのだ。

 パンの耳は、主に3つの使い方ができると、パン&フードコーディネーターの本美志津子さん(以下、「」内同)は話す。その3つとは、

【1】麩の代用
【2】とろみをつける
【3】ボリュームを出す

 である。

「パンの耳は、煮込んでも溶けずに弾力が残るため、お麩のような食感が楽しめます。味が浸み込みやすく、煮ると軟らかくなるので、日がたって、硬くなったものでもOK。型崩れしにくいので、豆腐などの煮崩れしやすい食材の代用にもなりますし、餃子や肉団子の餡に加えれば、ボリュームアップにも」

 さらに、春巻きなどの具にパンの耳を入れると、バラバラになりやすい食材をまとめ、巻きやすくしてくれる。

「スープの材料に混ぜてミキサーで攪拌すればとろみづけに。また、ハンバーグのたねに入れれば、つなぎの役割を果たしてくれます。つまり、細かくすることで片栗粉やパン粉代わりにもなるのです」

 砂糖をまぶして揚げたり、フレンチトーストにしたり、スイーツにもなるパンの耳。本美さんは、その中でもティラミスがイチ押しだとか。

「濃いめに溶いたインスタントコーヒー60cc(大さじ4)に砂糖大さじ3を加えて混ぜ、1cm幅に切ったパンの耳を浸します。器に、パンの耳とマスカルポーネチーズ適量を交互に重ね、仕上げにココアパウダーを振りかけたら冷蔵庫で冷して完成。パンの耳をしっかりコーヒー液に浸すのがポイントです」

 本美さんが、“見た目は麻婆豆腐、食感はまるでお麩”なパンの耳料理のレシピを教えてくれた。

■『パンde麻婆』の作り方(2人分)
【1】パンの耳4本は1.5cm幅に切り、長ねぎ1/2本はみじん切り、しめじ1/2パックは石突きをとり、小房に分ける。
【2】みじん切りにしたしょうが大さじ1、同じくみじん切りにしたにんにくと豆板醤各小さじ1を合わせておく。
【3】水1.5カップ、しょうゆ・酒各大さじ1、オイスターソース大さじ1/2、ガラスープの素(顆粒)小さじ1を合わせておく。
【4】フライパンにサラダ油大さじ1を熱し、【2】を入れて弱火で香りが出るまで炒める。中火にして豚ひき肉100gを加え、【1】のしめじを入れて炒める。
【5】 【4】に【3】を入れて、煮立ったら【1】のパンの耳を加えてさっと混ぜる。水溶き片栗粉(片栗粉・水各大さじ1)を入れてとろみをつけ、ごま油少量を回しかけて火を止め、【1】の長ねぎを入れて混ぜる。

※女性セブン2018年3月8日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
【電撃結婚】大谷翔平の日ハム同期、元コーチも祝福「野球以外にも興味があってよかった」「女性の影はなかった」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン