国内

AI普及で仕事が奪われるは間違い? むしろ増えるとの説も

ユカイ工学が製造した見守りロボット『BOCCO』

 スマートフォンやスマートスピーカーの音声認識機能など、「AI」がより身近なものとなっている昨今。矢野経済研究所では2025年には世界でAIによる自動運転の車の数は2300万台を超えるという見込みを発表している。

 会社でも家庭でもAIが席捲するような社会が現実味を帯びるなか、「このままでは人間がAIに仕事を奪われるのでは」と心配する声も多く聞こえる。

 野村総研の発表によれば20年後には日本の労働人口の49%が人工知能やロボットで代替可能になるという。

『2001年宇宙の旅』『A.I.』『アイ・ロボット』など、最初は人間をサポートしていたAIがどんどん人間界に侵食していき、やがて私たちがコントロールできる範囲を超え、「人間 vs AI」の構図へと変わっていく様子は映画でも繰り返し描かれてきた。

 そんなの夢物語だと思っていたけれど、もしかして、このままいけば夫はAIに職を奪われ、子供はロボットとしかコミュニケーションを取れなくなり、わが家も機械に侵食される? そう考えると、明るいAIスピーカーの声も不気味に思えてくる…。

 が、人工知能学会会長で国立情報学研究所教授の山田誠二氏は、「それはありえない」と断言する。

「約半数の仕事がAIに取って代わるという認識は誤解です。人間の仕事は細かいうえに多岐にわたる。一部がAIに代替されたとしても、1人の人間の仕事が丸ごと乗っ取られるとは考えにくい。たとえば単純と思われがちなコンビニ店員の仕事でも、レジ打ちにおでんの仕込み、トイレ掃除などを合わせると、およそ数十種類あります。すべてをAIが行うことはほぼ不可能です」

 機械が人間の仕事を奪った例としてよく出されるのが、駅の自動改札だ。確かに今では駅員が手で切符を切る姿はほとんど見られないが、駅員がいなくなったわけではないと山田氏は指摘する。

「自動改札機ができても駅員は大量リストラされることはなく、構内で別の仕事を続けています。これと同様に、たとえこの先にAIが人間の仕事の一部を担うようになっても、AIの管理やメンテナンス、研究開発は人間の仕事。むしろAIの普及により、そうした新しい仕事が増える可能性は高い」

 AIは人間の生活を侵食する“敵”ではなく、つらい作業を担い、助けてくれる“パートナー”になるのだろう。そこで注目されるのが、AIの「人と人をつなぐ」能力を利用したビジネスだ。

関連キーワード

トピックス

真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
優勝11回を果たした曙太郎さん(時事通信フォト)
故・曙太郎さん 史上初の外国出身横綱が角界を去った真相 「結婚で生じた後援会との亀裂」と「“高砂”襲名案への猛反対」
週刊ポスト
伊藤沙莉は商店街でも顔を知られた人物だったという(写真/AFP=時事)
【芸歴20年で掴んだ朝ドラ主演】伊藤沙莉、不遇のバイト時代に都内商店街で見せていた“苦悩の表情”と、そこで覚えた“大人の味”
週刊ポスト
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
韓国2泊3日プチ整形&エステ旅をレポート
【韓国2泊3日プチ整形&エステ旅】54才主婦が体験「たるみ、しわ、ほうれい線」肌トラブルは解消されたのか
女性セブン