国内

何度も大津波にあった三陸沿岸地域“命てんでんこ”の考え

三陸地方に根づく自己防災の意識(写真/アフロ)

 三陸海岸に面する岩手県宮古市。その津軽石川近くに、園児54人が通う宮古市立津軽石保育所があった。2011年3月11日、14時46分。

 それはちょうど、子供たちの昼寝の時間が終わる直前のことだった。ゴーッという地響きとともに体を突き上げるような揺れが園舎を襲った。寝ていた子供たちは悲鳴をあげて飛び起きる。「地震だ!」。

 尋常ではない激震。横揺れがさらに激しさを増し、波打つ床に体が揺さぶられる。このとき、所長の坂本静枝さん(66才)は即座に判断した。

「津波がくる。急いで山へ!」

 この2日前の3月9日も、宮古市ではマグニチュード7.3、震度5弱の地震が発生していた。ところが心配された津波は数十cm。被害もなく報道も途絶え、「またいつもの地震」と誰もがそう思っていた。

 だが坂本さんが気になっていたのは9日の地震で見た海の引き波。嫌な予感が頭から離れなかった。

「1週間は注意しようと思いました。そこで、普段お昼寝のときは寝間着に着替えさせて寝かせるのが保育所の方針ですが、子供が各々にすぐ逃げられるよう衣服を着せたまま寝かせていたんです。外気温はマイナス。もしあのとき寝間着だったら、子供の着替えに翻弄され間に合わなかったかもしれません」(坂本さん)

 過去何度も大津波(明治29年、明治三陸地震による津波は、高さ30mを超す大津波。昭和8年、昭和三陸地震では、約29mの津波が押し寄せた)に見舞われた三陸沿岸地域には「命てんでんこ(命は各々で)」という考えが浸透している。

「命てんでんこ」は、たとえ幼い子供であろうが、人に頼らず“自分のことは自分で守る”という自己防災。大人がいなくても、子供たちが自らの判断で逃げられる訓練を重ねてきた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
かかりつけ医の見つけ方(写真/GettyImages)
最高の「かかりつけ医」を見つけるために…チェックすべきは「話し方」
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン