国内

子供の才能を伸ばすには? 平野歩夢、小平奈緒らから分析

平野歩選手の活躍の背景に親とのポジティブな思い出

 脳内科医で小児科専門医の加藤俊徳さんは、平昌五輪での若き選手たちの活躍を見ながら、「子供の才能を伸ばすには、親ができるだけポジティブな思い出を残すことが大切。子育ては、これにつきる」と、確信したという。

「医師として、これまでたくさんの子供たちと接してきたことはもちろん、私自身の体験からも、幼少時代の記憶は脳を作る上でとても重要です。インタビューなどを聞いていると、メダリストはみな、子供時代に、親との楽しい思い出を持っている。その思い出が人生で困難に陥った時に蘇り、立ち上がる力になるのです」(加藤さん・以下同)

 そのよい例が、日本のメダル第1号となった、フリースタイルスキー・モーグル銅メダリストの原大智選手(21才)や、スノーボード男子ハーフパイプの銀メダリスト、平野歩夢選手(19才)だという。

◆子供との思い出は時間の長さより質

「原くんは小学6年生からモーグルのスクールに通い始め、新潟県湯沢のゲレンデまで、父の勇樹さん(54才)が車に乗せていくと、インタビューで答えていました。また、平野くんは、父・英功さん(46才)が息子を全力でサポートするために800万円もの借金をして、スノーボード施設を造ったそうですが、おそらく彼らは、練習の行き帰りなどに、両親やきょうだいと過ごした時間が楽しかったと思うんです。その記憶が、なかなか成績が出ない時の自分を支え、頑張り続ける力になって、今日の活躍につながったと思います」

 スポーツに限らず、アート鑑賞など、親が見たい、行きたい世界に子供をどんどん連れ出し、ともに楽しむことも大切だ。

◆どんなときも子供を認める

 楽しい思い出とともに、認められた経験も大切だと加藤さんは言う。

「スピードスケートで金メダルを獲った小平奈緒選手(31才)は、金メダル獲得後の会見で、家族に伝えたいことを聞かれて、“よかった時も悪かった時も、認めてくれたことを感謝したい”と語っていました。成功している人の話を聞くと、彼らに共通しているのは、“変われる人”ということです。

 小平さんは前回のソチ五輪ではメダルを獲れなかった。その後、オランダに武者修行に行き、別人になって帰ってきて、平昌で見事に金メダルを獲ったわけですが、なぜ、彼女が変われたのか、ぼくは先の彼女の言葉を聞いてわかりました。くじけそうになった時に“どんな時も家族が認めてくれた”記憶が蘇り、“今回も自分は大丈夫”と思えたからだと思ったのです」

 楽しかった思い出が記憶され、将来、困難にぶち当たった時に蘇り、助ける力になるのだ。

撮影/雑誌協会代表取材

※女性セブン2018年3月29日・4月5日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

問題視されたポスター(現在は撤去済み)
《風営法違反で警告》選挙ポスター掲示板「女性専用風俗店」の運営者が罪に問われる可能性 弁護士が指摘
NEWSポストセブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
《ススキノ頭部切断》瑠奈被告(30)の友人が語る「“るーちゃん”が激高した夜」
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
『THE BET』でMCを務める池田美優と麒麟・川島明(番組公式サイトより)
《相次いで放送》ついに幼稚園でも開催、“かくれんぼ”番組はなぜ支持を集めるのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
真矢ミキ、映画『九十歳。何がめでたい』で草笛光子の娘役を演じる「光子さんの輝かしい奇跡の瞬間を目の前で見たんだと思います」
真矢ミキ、映画『九十歳。何がめでたい』で草笛光子の娘役を演じる「光子さんの輝かしい奇跡の瞬間を目の前で見たんだと思います」
女性セブン
1億円を寄付した黒柳
《ユニセフ親善大使40年の現在地》黒柳徹子、個人名義で「ガザに1億円」寄付 公表しなかった理由を明かす 
女性セブン
東京都知事選挙が告示され、選挙ポスターが張られた掲示板。過去最多の56人が立候補した(時事通信フォト)
《「ほぼ裸」ポスターや立候補しない女性格闘家も》都知事選の選挙ポスター問題 「おそろしい時代」「恥ずかしい」と嘆く大人に「あたおか」と笑う小学生たち
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン