スポーツ

羽生結弦、4月から早大6年生も「退学したくない」

絶対王者は文武両道

 66年ぶりの五輪連覇を果たし、国民栄誉賞を受賞予定で、サイン入りスケート靴をオークションに出せば850万円を超え、売り上げは寄付。一挙手一投足が「完璧」「王子」という超人・羽生結弦(23才)が留年の危機を迎えている。

 羽生は現在、早稲田大学の現役の学生だ。国際スケート連盟のプロフィール欄にも「大学生」と明記されている。

「高校卒業時点で企業に所属することもできましたが、アスリートこそ社会性を身につけるべきだと、進学を決めました。早稲田大学を選んだのは、トリノ五輪金メダリストで高校の先輩でもある早稲田OGの荒川静香さんの影響。2013年に一般入試を受けて合格しました」(フィギュアスケート関係者)

 今年は2018年。ということは…。

「春からは羽生くん、6年生になるみたいですね。とはいえ、早稲田には “4年卒業三流”という言葉があって、4年で卒業する人は三流、留年する人は二流、中退が一流といわれます。つまり、しっかりやりたいことをやっている人ほど留年するし、留年は珍しくないということです。だから羽生くんレベルが普通に卒業してはダメですよ(笑い)」(早大の学生)

 羽生の所属は、早稲田大学人間科学部人間情報学科通信教育課程『eスクール』。練習拠点をカナダに置く羽生は、練習の合間にインターネット経由で授業を受けていた。

「早稲田の通信課程は課題も多く、特に卒業が難しいといわれています。4割ほどが、紗栄子(31才)や手越祐也(30才)のように中退します」(芸能関係者)

 それでも、羽生にとって辞めるという選択肢は今のところなく、「絶対に卒業したい」「退学したくない」と周囲に語っているという。

「“一流のスケーターである前に一流の人であれ”と言ってきた中学校の校長であるお父さんの影響も大きいと思います。それに学び続けることが、スケートのいい演技につながると考えているようです。心理学はメンタルの整え方、人間工学はジャンプの動きの客観視に生きたそうです」(前出・スケート関係者)

 足の治療に専念するため19日から始まる世界選手権(イタリア)の欠場を発表した羽生。2週間の安静と3か月のリハビリ加療に入る。久しぶりに勉強に専念できる時間が取れるか。

※女性セブン2018年3月29日・4月5日号

関連記事

トピックス

フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
門田博光氏
門田博光が明かしていた掛布雅之との幻のトレード話の真相「自分の力を阪神で試してみたい気持ちあった」
NEWSポストセブン
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
山田邦子
天下を取った女性芸人・山田邦子が語る「テレビが求心力を失った理由」と「傷つけないお笑いへの疑問」
女性セブン
呼吸困難、頭痛など後遺症の組み合わせは多岐にわたる(写真/PIXTA)
疑われ始めたワクチンの効果 追加接種に積極的な国ほど感染者増、自然免疫力への悪影響も
女性セブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン