国内

逮捕者出たナンパセミナー 基本、詐欺師の掌で踊るシステム

ナンパも出会いのひとつではあるが…

 繁華街の路上などで異性に声をかけて誘う「ナンパ」という行為は、男性が女性に向けてなされるとき使用される。軽薄だと嫌われることも多いやり方だが、あくまできっかけなので気にしない人も少なくない。出会いを求める男性向けに、上手なナンパの方法を伝授するとうたうセミナーや塾まで存在する。ライターの森鷹久氏が、ナンパセミナーをきっかけにした性犯罪の危険性と、多くのセミナーに見られる悪辣な手口についてレポートする。

 * * *
 ナンパセミナーで知り合った男二人が、女性に酒を飲ませて乱暴し逮捕された、という事件。一般人にとっては何が何だかわからない、語感ばかりが面白おかしく報じられるばかりの、不可思議なニュースであった。大手紙の警視庁担当記者が解説する。

「ナンパセミナーと呼ばれるサークルで知り合った男二人が、女性に酒などを飲ませて酩酊させた上、乱暴したとして逮捕されました。犯行が、セミナーの主催者らが所有するマンションで行われ、その際に女性に無断で動画も撮影されていたのではないかという話もあることから、当局はセミナー自体にも違法性がなかったか、捜査を進めているといいます」(大手紙の警視庁担当記者)

 男ら二人は、女性の口説き方や性交に至るまでの”テクニック”を指南するという「ナンパセミナー」に入会し、実際に街でナンパをしてみる「実地練習」や、女性心理などについて「座学」で学んでいた。ナンパで知り合った女性とその友人ら四人で飲酒した後に、友人の女性が男らから暴行を受けたが、こうした「ナンパセミナー」の実態に詳しい雑誌記者は、セミナーそのものが「女性蔑視のおぞましいサークル」だと指摘する。

「ナンパの指南塾、といった類のものは、何十年も前からありました。ネットが普及してからは、多くのナンパセミナーが立ち上がり、詐欺まがいの所もあれば、大真面目に”オンナの落とし方”を勉強する所もありましたが、共通しているのは”女性を性のはけ口”としか見ていない連中の集まりだ、ということ。会員は互いに”今月は新規(女性)何人食った”などと自慢しあい、女性と自分のツーショット写真や、時には性交中に隠し撮った写真を見せびらかすのです」(雑誌記者)

 また、別の風俗事情通は、こうした”セミナー”はそもそも、インチキやデタラメの上に成り立っていた、とも話す。

「ネット上のナンパセミナーのほとんどが、とある大手出会い系サイト傘下の会社や個人によって運営されていた時期がありました。元々は”いかにして出会い系サイトで女と知り合い、モノにできるか”というテクニックの指南塾でしたが、出会い系はすでに素人のふりをしたプロの風俗嬢による”援助交際”の場となっていましたし、出会い系サイトの自作自演であった面は否定できない」(事情通)

 要は、ナンパがうまくなりたいとセミナーの門戸をたたく男たちは、出会い系サイトが運営するセミナーに数万から十数万円の高額なカネを支払い、またまた有料の出会い系サイトに登録し、そこで出会ったプロの女性らにカネを支払い交際していた、ということ。もちろん、きっかけはナンパでも、お互いを尊重したよい関係を築くカップルもいないことはない。だが、そんな成功例は「ゼロではない」という程度の存在感だ。

 また、かつてナンパセミナーに参加したことがあるという男性(37)は、新たに出会い系サイトが立ち上がるたびに新しい「ナンパセミナー」が立ち上がり、それぞれの出会い系サイトを使わせることで「数を競う」よう指導されていたことを思い返す。

関連キーワード

関連記事

トピックス

真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
優勝11回を果たした曙太郎さん(時事通信フォト)
故・曙太郎さん 史上初の外国出身横綱が角界を去った真相 「結婚で生じた後援会との亀裂」と「“高砂”襲名案への猛反対」
週刊ポスト
伊藤沙莉は商店街でも顔を知られた人物だったという(写真/AFP=時事)
【芸歴20年で掴んだ朝ドラ主演】伊藤沙莉、不遇のバイト時代に都内商店街で見せていた“苦悩の表情”と、そこで覚えた“大人の味”
週刊ポスト
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
韓国2泊3日プチ整形&エステ旅をレポート
【韓国2泊3日プチ整形&エステ旅】54才主婦が体験「たるみ、しわ、ほうれい線」肌トラブルは解消されたのか
女性セブン