• TOP
  • ビジネス
  • 繊細な美しさ 300年の歴史を持つ滋賀の“高島扇骨”の技

ビジネス

2018.05.30 16:00  女性セブン

繊細な美しさ 300年の歴史を持つ滋賀の“高島扇骨”の技

高島扇骨は1本1本が細いが耐久性や強度に優れ、なかなか折れない特徴が

 近江の国といわれる滋賀県西部にある高島市安曇川町。古くから扇子の骨組み『扇骨』が作られているこの町で、その歴史を辿る。

 京都駅からJR湖西線新快速に乗って約42分。進行方向右側の車窓には日本最大の琵琶湖が広がる。JR安曇川駅で下車し、高島扇骨の歴史が展示されているという『道の駅藤樹の里あどがわ』に向かう。その道中には、扇をかたどったマンホールや観光案内が点在する。

「なぜこの地域で扇骨が作られるようになったのか、はっきりとはわかっていません」

 と言うのは、滋賀県扇子工業協同組合理事長・村田高弘さん。

「都の貴族が高島に隠棲して扇子づくりを始めた、武士の落人が生活のために作ったなど、いろんな説があります。ただ、江戸時代に安曇川堤防に植えられた真竹を江戸末期に扇骨として利用したのが、本格的な始まりとされており、約300年の歴史があります」(村田さん・以下同)

 扇骨は外側2本の太く削られた親骨と細く削られた仲骨で構成されている。

「あおぐ用、踊り用など、用途によって骨の数は変わりますが、親骨は2本、仲骨は3~58本です。これらはすべて分業制で作っています」

 親骨は18工程、仲骨は16工程あり、この2つは違う職人によって作られている。

「竹を削る人、磨いて仕上げる人など、細かく分けられています。分業で作った方が、1人がすべてを担うよりも早くできて、質のよいものができるから、それぞれ専門の職人が担当するようになりました」

 実際、作業工程を見ると1000本以上束ねられた扇骨の表面を、包丁と呼ばれる刃物で滑らかに削っていく。その後、親骨と仲骨は薬品につけ、漂白。天日に干して、竹独自の青みをとる。そして再び削って磨き、形を作って、親骨と仲骨を組み合わす“合し”で形を作り、“要打ち”という持ち手の要の部分を金具で留める作業を行えば、完成だ。

「完成したものは、主に京都に出荷され、地紙が貼られて扇子として完成します。京都の扇は初釜に合わせて作られることが多いので、扇骨はそれに合わせて3~7月に製造します」

 骨組みだけでも繊細で美しい。その1本1本に近江職人の技が生きている。

※女性セブン2018年6月7日号

関連記事

トピックス