スポーツ

東京五輪のボランティア9種類 メディア関連が人気となる?

五輪ボランティアは9つの分野に分かれている(イラスト/イキウサ)

 2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピック。五輪では、33競技、339種目、パラリンピック(以下、パラ)では22競技、539種目の開催が予定されているが、その運営にはボランティアスタッフのちからが不可欠だ。ボランティアの募集は、2018年9月から始まるが、一体どんなボランティアがあるのだろうか。

 大会ボランティアは大きく9つの分野に分けられており、応募する場合は1人につき、最大3つまでエントリーできる。「え~、どうしよう。迷っちゃう!」という皆さんのために、編集部が独断で選んだ、人気が沸騰しそうな係ベスト3とともに、その内容をご紹介しよう。

◆人気予想1位
「メディア」2000~4000人
 国内外のメディアが円滑に取材活動ができるよう案内や、記者会見の準備などを担当。東京五輪・パラを記録するための記録用写真及び動画の編集サポート、選手村の新聞制作なども行う。

◆人気予想2位
「式典」1000~2000人
 各競技の表彰式で選手や関係者の案内をする他、メダルや記念品の運搬などを含めた表彰式の運営サポートを行う。

◆人気予想3位
「アテンド」8000~1万2000人
 海外の選手や要人などが、日本で快適に過ごせるように、おもてなしをする係。具体的には、選手団が選手村に入る前から準備を行い、選手村での生活や、競技を終えた選手がメディアからインタビューを受ける際などに、外国語によるコミュニケーションサポートを行う。

「ヘルスケア」4000~6000人
 観客や選手、関係者などに急病人やけが人が出た場合、医務室への搬送サポートを行う。競技を終えた選手をドーピングルームに案内する役割もある。※医療行為やドーピング検査は行わない。

「案内」1万6000人~2万5000人
 五輪・パラ関係者の会場での案内をはじめ、観客のチケット確認、セキュリティーチェックサポートや、空港やホテルで関係者が円滑に入国、宿泊できるよう案内を行う。

「移動サポート」1万~1万4000人
 関係者がスムーズに会場間の移動ができるよう車を運転し、快適な移動ができるようサポートする。自動車の運転免許が必要となる。

「競技」1万5000~1万7000人
 陸上のハードルのセッティングのように、各競技及び練習会場内での競技運営などのサポートを行う。

「運営サポート」8000~1万人
 スタッフのユニフォーム配布や会場、空港などで事前に登録された情報をもとに関係者にIDを発行。選手村やメディアセンターで各国の選手団、メディア、その他の関係者が利用する物品の貸し出しの窓口などを担当する。

「テクノロジー」2000~4000人
 通信機器の貸し出しや回収のサポート。競技結果の入力や表示も行う。

「東京都」プラス3万人
 上記の大会組織委員会とは別に、東京都が独自で募集するボランティアは約3万人。主な活動は観光や交通案内など。募集開始は9月中旬からで応募は東京都の公式サイト、ファックス、郵送から。

※女性セブン2018年7月5日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
佐藤浩市
佐藤浩市 デビュー当時の撮影現場での厳しさ振り返り「叱ってくれた大人に感謝」
女性セブン
良原安美アナ
『サンジャポ』抜擢のTBS・良原安美アナ 「読書家」の素顔明かす
NEWSポストセブン
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
神戸山口組幹部自宅に車両突っ込み 分裂抗争再燃か、変化する六代目山口組の動き
週刊ポスト
aiko
「年下の塩顔ファンと電撃婚」aikoの匂わせ曲と変わらないファンへの神対応
NEWSポストセブン
妻・国分佐智子と歩く林家三平
国分佐智子の美貌健在「落語界一の美人妻」抱える林家三平にTikTokナンパ疑惑
NEWSポストセブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン
上島竜兵と有吉弘行
上島竜兵さんへの有吉発言にあらぬ批判 「2人の関係性を分かっていない」との指摘
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! RIZIN・榊原信行代表が疑惑に大反論ほか
「週刊ポスト」本日発売! RIZIN・榊原信行代表が疑惑に大反論ほか
NEWSポストセブン