国内

子供の連れ去り、「ステルス型」と「SNS型」にご注意を

女子中学生を拉致監禁していた寺内被告は「ステルス型」(写真/時事通信フォト)

 子供の連れ去りが社会問題となっている。最近の傾向を探ることで、その危険性を防ぎたいものだ。そこで、最近の2つの連れ去りの傾向をご紹介する。

 不審者のほとんどは、狩場=犯行現場の下見など、下準備をする。しかし最近では、この下見をインターネットの地図機能などで行い、犯行直前まで現場に姿を現さない手口が増えている。

 周辺住民に顔がバレたり、不信感を抱かせないためだ。ステルス戦闘機のように、姿を見せずに接近するわけだ。「ステルス型」ともいえそうだが、子供の安全を研究するステップ総合研究所の清永奈穂さんはこう語る。

「2016年に発覚した埼玉県朝霞市の少女誘拐監禁事件も、このパターン。寺内樺風(かぶ)被告は、田舎すぎず都会すぎず自分が紛れ込んでも怪しまれない場所や、ターゲットの情報をネットで検索。接触場所や逃走経路を絞り込んでから、1~2回下見に行ったといいます」

 家のまわりに、子供の性別や年齢、名前が推定されそうな遊具や自転車などを置いておくと、ネットの地図機能などで知られる。隠すか片づけるかすること。また、SNSで家族構成や旅行の予定などについて発信しないことも、防犯対策となる。

 続いては、SNSを利用した連れ去りだ。SNSで知り合い、仲よくなって、最終的に会うところまで持っていくのがこのタイプ。例えば今年3月、福岡で小学5年生がツイッターで仲よくなった男にホテルに呼び出され、強制性交された事件があった。

 また、神奈川県座間市で15才を含む9人の遺体が見つかった事件は、この手口の最たるもの。約100回も被害者とツイッターで悩み相談を交わしたという。

「最初は悩みや愚痴を聞くだけですが、徐々に会いたい気持ちを煽り、被害者本人から、会いたいと言わせるんです」(清永さん)

 スマホやパソコンを持たせていないからと安心はできない。ゲーム機でもSNSができる。

「子供がIT機器を使っていたら、“誰とお話ししているの?”などと聞き、相手を把握しておいた方がいいでしょう」(清永さん)

※女性セブン2018年8月2日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
投手は休養十分?“投高打低”の2022年プロ野球、コロナ禍ならではの事情も
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン