ライフ

鮮度を保ち、節約にもつながる 「食材冷凍」の基本4か条

冷凍のキホン4か条を解説(写真/西川剛史さん提供)

 連日続く記録的な猛暑。西日本大豪雨に続く異常気象で野菜の価格が高騰し、家計に大きな影響を与えそうだ。そんな時こそ、食材の冷凍をおすすめしたい。冷凍すると、食感が悪くなったり味が落ちるのでは、と思われがちだが、実はその逆。むしろ冷凍することで食材の鮮度を保ち、おいしくなる方法があるという。

 冷凍することで食材がさらにおいしくなる。そんな驚きの冷凍保存術について話すのは、“冷凍王子”こと冷凍生活アドバイザーの西川剛史さん。

「“味は落ちるけど保存のためだから”と仕方なく食材を冷凍している人が多いのではないでしょうか。しかし、正しい冷凍術をマスターして、食材の変化をうまく活用すれば、冷凍ならではのメリットを多く実感できるはずです」

 メリットとは大きく3つ。

【1】保存がきく。旬のものやまとめ買いした食材の鮮度とおいしさをキープできる。
【2】調理を時短できる。下ごしらえをしてから冷凍するため、火の通りや味のしみ込みも早くなり、味を落とすことなく調理時間を短縮できる。
【3】食材の変化を楽しめる。冷凍ならではのおいしさや食感が生まれる。

 メリットを得るには、共通のルールに則り、食材を正しく冷凍することが大切。

「常温や冷蔵保存では、食材の劣化が急速に進みます。余った食材はできるだけ新鮮なうちに冷凍しましょう。また、ジッパー付き保存袋に入れて冷凍庫に保存しますが、その際、できるだけ空気に触れないよう食材をラップに包んで保存袋に入れるのが鉄則です」(西川さん)

 解凍する際も、基本のルールに沿って行うのが食材をおいしくする秘訣。

「食材が傷まないよう解凍することが大切。食材が傷みやすい温度帯は、マイナス5~マイナス1℃と10~40℃。できるだけこの温度帯を避けて解凍しましょう」(西川さん)

◆冷凍の基本4か条

『食材は新鮮なうちに冷凍する』
 肉や魚は買ったその日のうちに、野菜も早めに冷凍しよう。野菜も新鮮なうちに冷凍することで、シャキッとした食感や美しい色味を保てる。冷凍したら、肉や魚は2~3週間を、野菜は1か月以内に食べ切ることを目安に。

『食材は均等な大きさに揃える』
 食材を切り分ける際は、できるだけ同じ大きさや形に揃えよう。そうすれば、全体を均一にムラなく冷凍・解凍・調理できる。

『できるだけ空気に触れない』
 乾燥した冷凍庫内で食材の鮮度を保つには、できるだけ空気に触れない工夫が必要。保存袋を使う際はそのまま食材を入れるのではなく、ラップに包めるものは包み、保存袋の空気をしっかり抜いて真空に近い状態で冷凍しよう。

『食材は薄く平らにして素早く冷凍』
 素早く凍らせるには、できるだけ食材を薄く平らにするといい。これにより均一に冷凍できるほか、解凍時間を短縮でき、調理もしやすくなる。

※女性セブン2018年8月16日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
大谷翔平に“口裏合わせ”懇願で水原一平容疑者への同情論は消滅 それでもくすぶるネットの「大谷批判」の根拠
NEWSポストセブン
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
女性セブン
宗田理先生
《『ぼくらの七日間戦争』宗田理さん95歳死去》10日前、最期のインタビューで語っていたこと「戦争反対」の信念
NEWSポストセブン
焼損遺体遺棄を受けて、栃木県警の捜査一課が捜査を進めている
「両手には結束バンド、顔には粘着テープが……」「電波も届かない山奥」栃木県・全身焼損死体遺棄 第一発見者は「マネキンのようなものが燃えている」
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
(写真/時事通信フォト)
大谷翔平はプライベートな通信記録まで捜査当局に調べられたか 水原一平容疑者の“あまりにも罪深い”裏切り行為
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン