国内

殺人事件、転落事故、溺死、食中毒… BBQに潜む数々のリスク

BBQには数々の危険が潜む

《BBQコスパコーデ》《お取り寄せの名品BBQグッズ10選》《有名シェフたちが提案するBBQお手軽レシピ》──

 連日の猛暑をものともせず、雑誌を開けばそんな特集が目白押しだ。

 待ちに待った夏休み、ママタレたちもこぞって子供たちと屋外に繰り出した。神田うの(43才)がブログで《娘の学校のママ友にお誘い頂きママ達と子供達とBBQ》(7月6日)とハワイでの優雅な様子を綴れば、渡辺美奈代(48才)も愛犬や子供たちとともに屋外で肉を焼く写真をアップする。

 芸能界も巻き込むこの夏の一大レジャーに“待った”をかけるのは、農業・食品ジャーナリストの石堂徹生さんだ。

「バーベキューが行われる場所は、食中毒を招く細菌が増殖するのに、非常に都合のいい環境が整っています。細菌は肉に含まれる動物性たんぱく質が大好物です。そのうえ、夏の日中の外気温は30~40℃くらいで湿度も高い。細菌はこのような状況で最も活発に増殖します。高温多湿の猛暑のなか、屋外での調理はリスクが高い」

 室内のキッチンのように、衛生的に料理をするための環境が整っていないのも問題だ。

「屋外では野菜などの食材を洗うのもぞんざいになりがちで、そもそも洗う水がきれいかどうかわかりません。トングや菜箸をこまめに洗えないので、生の肉を掴んだものを使い回して、焼き上がりの肉を持って口に入れてしまうことも多い。炭火焼きのバーベキューコンロでは、均一に火が通りにくいので、“生焼け”で肉を食べてしまう危険性もあります。

 必需品のクーラーボックスも実は危険。氷や保冷剤と一緒に入れてあるからといっても、炎天下で何度も開け閉めすれば、当然、内部の温度は徐々に上がり、やはり細菌が増えます」(石堂さん)

 炎天下に長時間さらされると、私たちの体力も奪われていく。

「暑さで体力が低下すれば免疫力が落ち、ますます食中毒になりやすくなる。熱中症の危険性もあるので、細心の注意が必要です。会場には必ず健康保険証を持参し、いつでも救急車を呼べるように携帯電話を充電しておきましょう」(石堂さん)

 食べ物のリスクだけではない。この7月、神戸の自宅の庭でBBQをしていた女性に、隣に住む女が掴みかかって押し倒し、けがを負わせる事件が起きた。容疑者は動機について「自宅から道路にはみ出してバーベキューをしていたことにがまんの限界がきた」と話しているという。

 また、2017年は岐阜県で自宅の庭でBBQをしていた男性が、隣家の男に腹部を刃物で刺されて死亡した。男は、「近所がうるさい」といった相談を警察に複数回していたという。

 過去には、男女グループでBBQをしていた男子高校生2人が川に転落し、1人が死亡する事故や、酩酊して海に入った男性が溺死する事故も起きている。

 BBQをするならば、食中毒と熱中症に警戒したうえで、周囲の人に気を配り、事故に留意しなければならないということだろう。

※女性セブン2018年8月16日号

関連記事

トピックス

逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業を発表した俳優でタレントの神田正輝(73)
《山男の自分を取り戻す》神田正輝「小さな山小屋をやったら楽しい」旅サラダ卒業後の“第2の人生”計画
NEWSポストセブン
北の富士氏
病気療養中の北の富士氏が大相撲中継にVTR出演「NHK解説者の後任に元大関・琴風が据えられる動きへの牽制」の見方も
NEWSポストセブン
早くも自民党総裁選に向けて走り出した議員も(時事通信フォト)
9月の自民党総裁選に向けて動き出した有力候補たち 小泉進次郎氏、石破茂氏、茂木敏充氏、小林鷹之氏ら派手な乱立戦の可能性
週刊ポスト
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《全文公開》俳優・中野英雄が明かした“28歳下女優と4連泊→元妻宅”「二重生活」の真実「もう男性機能がダメなの」「息子の仲野太賀は『母さんがいいなら…』と」
週刊ポスト
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
女性セブン
五輪直前の忙しい日々、朝のルーティン、将来の夢も語った阿部詩選手
柔道・阿部詩が“柔道家であることを忘れて挑んだ”撮影への感想 「モデルっぽく撮影していただいて楽しかった!」
NEWSポストセブン
佳子さま
佳子さま、「3000円青ニット国際親善」の問題点をギリシャ研究の権威が指摘 「軽く扱われた」と誤解された可能性、修道院でのパンツ姿も「冒険する必要はない。周囲が気を配らないと」
女性セブン