芸能

激やせの松山千春、体調不安説に答える「元気ですよ」

ほっそりとした松山千春

「春のツアーでね、気合が入ってたからか、エネルギーが要ってなぁ。自分でもちょっとやせたなと思うよ…」

 苦笑いを浮かべながら、松山千春(62才)は自分の体を労るようにさする。その手は白くやせ細っていた。

 8月5日、北海道の札幌市民ホール。この約1時間前、松山は『NHKのど自慢』にゲスト出演していた。会場から盛大な拍手を浴びて登場すると、ひな壇では前かがみで出場者の歌に耳を傾け、手拍子でリズムを刻む。出場者が松山の持ち歌を歌って鐘2つの「不合格」だと、「納得いかないね~!」とステージ中央に飛び出た。

 審査を待つ間には『大空と大地の中で』を歌う大サービスだったが、放送直後、視聴者からこんな声が聞こえた。

「ずいぶんやせて…お年を召されたなぁ」
「音程が不安定だし、高音はキツそう。何より声量がだいぶ落ちてる」
「ベストな状態には見えない。体調悪いんじゃないか」

 1977年のデビューから約40年、松山はこれまで体のあちこちに病を患ってきた。1991年、自律神経失調症を発症。2008年、全国ツアーの滞在先で体調不良を訴え、緊急入院。不安定狭心症と診断され、ツアー中止を余儀なくされた。

 昨年8月、ラジオで自律神経失調症の再発を告白。今年1月にもラジオで、右足をくじいてしまい足の甲や指にしびれや痛みが起こる「腓骨神経麻痺」を患ったと語り、しばらく足を引きずったままステージをこなした。さらに4月には糖尿病のためインスリンを打ったところ低血糖になり、救急搬送されている。

 それでも毎年行っている春の全国ツアーは今年もなんとか完走した。ファンがほっと胸をなでおろしたのもつかの間、7月16日に予定していた日比谷野外大音楽堂での『松山千春 ON THE RADIO in 野音』を4日前に急きょ中止。猛暑とゲリラ豪雨のため来場者の身の安全に考慮したのが理由だというが、「また体調が悪化したのでは」と心配する声も少なくなかった。

「いちばん気がかりなのは、毎年7月下旬に発表される秋のツアーの日程が8月に入っても発表されなかったこと。千春さんはデビュー以来ほぼ毎年春秋のツアーを行っていますが、こんなに発表が遅れるなんて今までなかった。深刻な理由があるんじゃないかと心配で…」(ファンの1人)

 そして今回の『のど自慢』出演の裏でも、体調不安が囁かれていた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

元通訳の水谷氏には追起訴の可能性も出てきた
【明らかになった水原一平容疑者の手口】大谷翔平の口座を第三者の目が及ばないように工作か 仲介した仕事でのピンハネ疑惑も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
伊勢ヶ濱部屋に転籍した元白鵬の宮城野親方
元・白鵬の宮城野部屋を伊勢ヶ濱部屋が“吸収”で何が起きる? 二子山部屋の元おかみ・藤田紀子さんが語る「ちゃんこ」「力士が寝る場所」の意外な変化
NEWSポストセブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
古手川祐子
《独占》事実上の“引退状態”にある古手川祐子、娘が語る“意外な今”「気力も体力も衰えてしまったみたいで…」
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン