ビジネス

クラシックラガーや赤星 往年のビールが選ばれ続ける背景

熱処理したキリンクラシックラガー(左)とサッポロラガービール

 かつて、家庭用ビールと言えば「キリンビール」一強の時代が長く続いていた。お父さんたちは判で押したように酒屋からキリンの瓶ビールをケース買いしていたものだ。

 それが大きく変わった転換点が、アサヒビールから「スーパードライ」が登場した1987年。瓶から缶への大きなうねりとともに“生ビール”が主流になっていった。生ビールは、「キリンビール」のような熱処理したビールと区別する意味では非熱処理ビールということになる。

 熱処理したビールが主流だったのは、生きた酵母が入っていると賞味期限が短くなってしまうことから、熱で酵母を殺していたため。が、濾過技術の向上によって、熱処理しなくても酵母を取り除けることができるようになったことも生ビール浸透に拍車をかけた。そのため、いまでは熱処理したビールはごく僅かとなったが、好んで飲む、往年のコアなファンの人たちも一定層いる。

 スーパーでビールコーナーの棚を覗いてみると、「キリンラガービール」の6缶パックの箱に“130”年という文字が入っている。1888年に発売された、歴史の古いビールなのだ。ただ、前述した「スーパードライ」の攻勢でガリバーシェアを誇っていたキリンがジリジリとシェアを落とす過程で、看板ビールの戦略は揺れ動いた。

 1988年、まず「キリンビール」を「キリンラガービール」に改め、その後、1996年になると名称はそのままに生ビールへと変更。1990年に投入してヒットした「一番搾り」と「ラガービール」の二兎を追う作戦に出たのだが、生化によって往年のファンが離れてしまったのだ。

 そこで2001年、生化した「キリンラガービール」とは別に、熱処理したものを「キリンクラシックラガー」として再発売し、今日に至っている。

 スーパーでは両商品とも通年商品として棚に並んでいるが、「ラガービール」が「一番搾り」同様、6缶パックや500ml缶も置いているのに対し、「クラシックラガー」は350ml缶のみで、置かれている棚もクラフトビールと同じ配置になっていた。ちなみに「ラガービール」のアルコール度数は5%、「クラシックラガー」は4.5%とやや低めなのも往時とまったく一緒だが、苦みが強めの「クラシックラガー」は、いまや伝説のクラフトという領域に入ってきているのかもしれない。

関連記事

トピックス

工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
互いに認め合い、激動の80年代を駆け抜けたふたり
中森明菜と松田聖子、認め合っていた2人 かつて飛び交った不仲説の真実
週刊ポスト
2010年3月に行われた円楽さんの襲名披露会見
逝去の三遊亭円楽さん 故・桂歌丸さんが闘病の支えに「呼びにきちゃダメだよって……」
NEWSポストセブン
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
「スルー対応」が続く坂本勇人のスキャンダル テレビ、新聞の若手記者からは「巨人を担当したくない」などの声も
NEWSポストセブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
熱愛が発覚した玄理と町田啓太
町田啓太と女優・玄理の交際、ファンをモヤつかせていた「お揃いルック」の数々
NEWSポストセブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン
好きな女性アナで3連覇を果たしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)
弘中綾香アナ、結婚相手は同い年のベンチャー企業社長だった「資産約15億円」「小栗旬似のイケメン」
NEWSポストセブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン