ライフ

かわいすぎる怪談師が語る「女子高生スマホに写った歪んだ顔」

スマホアプリに写った顔 なぜか私の顔だけが歪み…

 殺人的な暑さとなっている今年の夏。こんなときこそ、怪談で涼しくなってみては…。その美しい容姿からは想像もできない語り口で知られ、“かわいすぎる怪談師”としても話題を集めている山口綾子さんに身の毛もよだつお話を語ってもらった──。

 

 これは、私の怪談ライブに来てくださったお客さんが体験した話です。

 ライブ開始前、会場入りするためエレベーターを待っていた時、ライブを見に来てくれた女子大生グループとたまたま一緒になりました。

 でも、なかなかエレベーターが来ません。そこで、階段で行きましょうか、と提案しました。すると、グループのうちの1人が突然顔をこわばらせ、強い口調で言うんです。「嫌。私はエレベーターにします」

 その頑なな態度が私の脳裏に強く残ったこともあり、ライブ終了後、会場の外で彼女たちと再び顔を合わせた時、記念に写真を撮りませんかとお誘いしました。

 しかし、その女性だけは絶対に一緒に写ろうとしません。異様な空気を感じた私は、思わず話しかけていました。

「何かあったんですか?」

 女性は、目を伏せたまま、しばらく黙っていました。そして、今にも泣きそうなひきつった顔で、「私が高校生の時の話なんですが、聞いてくれますか?」そう言って、話し始めたのです──。

 女性の名前は唯さん(仮名)。高校3年の時、放課後の教室で、同じクラスのA子・B子と3人で、スマホで互いに互いを撮り合って遊んでいたそうです。それは、撮影した相手の顔だけが入れ替わるというアプリで、A子とB子が互いに互いを撮り合った場合、A子の顔の部分だけがB子に、B子の顔がA子に入れ替わるというものでした。

 3人で写真を撮り合い、撮り終えたところでスマホ画面を見ると、A子とB子の顔は入れ替わっているのに、なぜか唯さんの顔だけ、その場にいる誰でもない誰かに入れ替わっていました。

 その顔は全体的に歪んでいて、一見するとふざけた変顔のようでした。

「何これ、すごい顔」
「面白いから唯ちゃんのをスマホの待ち受けにしようよ」

 3人は特に深く考えず、その写真を待ち受け画面にしてひとしきり遊んだ後、帰宅の途につきました。

 翌朝、唯さんはいつものように登校。教室がある4階に上がろうと、階段に足をかけたその時です。突如、背後から何かに追い立てられるような、強い焦燥感に襲われたのです。

──早く、早く上に行かなきゃ、上に行って──あれ…上に行って、私、何するんだっけ…。

 おかしい、私、何考えたんだろ? そう思いましたが、教室に着く頃には「気のせいだったのかも」と思い直していました。そこに、ガッと引き戸を開け、血相を変えた担任教師が動揺した様子で現れ、こう言いました。

「みんな、気を落ち着けて聞いてほしい。昨日、1組のC子が自殺した」

関連キーワード

関連記事

トピックス

初入閣したものの、Twitterでの反応が自民党内でも物議を醸している(時事通信フォト)
高市早苗氏の“入閣に不満”投稿は政調会長ポストを奪った萩生田光一氏の「統一教会問題」を痛烈意識か
NEWSポストセブン
小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子の中国進出は成功するか バラエティースキルを活かせるかは未知数、反日感情の影響も
NEWSポストセブン
14日聖望学園戦9回表、内角の球をライトスタンドに運ぶ大阪桐蔭3年・松尾汐恩(時事通信フォト)
大阪桐蔭の「扇の要」松尾汐恩を開花させたショートからキャッチャーへの転向秘話
NEWSポストセブン
元NHK・内藤裕子アナが入局当時のエピソードを語る
【全6局「人気女子アナ」同窓会#2】民放が参考にしていたNHKのアクセント
週刊ポスト
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
左から元NHK・内藤裕子、元日本テレビ・馬場典子、元テレビ朝日・石井希和、元TBS・竹内香苗、元テレビ東京・亀井京子、元フジテレビ・中村仁美
【全6局「人気女子アナ」同窓会#1】給料、社食…新人時代はクレーム対応も
週刊ポスト
約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン