芸能

八名信夫が語る悪役論「悪役が下手なドラマはつまらない」

悪役としての凄みが漂う八名信夫

 泣く子も黙るこわもてで、俳優集団「悪役商会」主宰者として知られる八名信夫(82)。プロ野球の投手として活躍後、俳優に転身。映画『網走番外地』『仁義なき戦い』などに出演し、名悪役として確固たる地位を築いてきた。そんな八名が考える悪役としての美学とは――。

――そもそもなぜ悪役俳優になったのでしょうか。

八名:おれは東映フライヤーズ(現日本ハム)に投手として入団したんだけど、試合中に腰を骨折してね、現役を引退せざるを得なかったんだよ。そうしたら、東映本社から「君は、映画俳優として契約するように。大川博社長の命令だ」と言われた。 映画俳優が何かもわからず、おれは「はい」と答えた。そういう時代だったからな。

 おれは身長が182cmあって大きいから、主役より目立たないように、いつも遠くに追いやられてさ、エキストラと扱いが変わらないわけです。ひたすら歩かされるし、カメラに写らないし、おもしろくねえな、辞めようかなと思ったんだけど、引きとめられていた。

 先輩俳優を見ているうちに、気づいたんだよ。悪役だったら、主人公の近くで切られるから、カメラに写るなって。俳優をするなら、画面に映らないと意味がないからね。それで監督に「小さいやつよりも、体格がいいおれが倒れたらけむりがたつから、迫力があっていいだろう」と談判しに行ったの。そうしたら、「お前の言うことも一理ある、こっち来て死ね」と(笑い)。これが悪役の始まり。

――悪役は八名さんに向いていた?

八名:主役は喜んだね。小さいやつを倒したって、主役がいじめているように見えるから、大きいのを倒す方がいいと(笑い)。野球をやっていたおかげで運動神経があるから、主役にけがをさせなかったのも評価されたよ。

 立ち回りで切り合いをするとき殺陣の手を間違えるとしたら、だいたい主役。主役が手を間違っても、うまいこと受けたりすることが悪役には大切なんだよ。それが認められたんだな。「八名はおれにけがをさせんぞ」「安心して立ち回りができる」と、鶴田浩二さん、若山富三郎さん、高倉健さん、そういう人たちに指名されるようになった。それから認められるようになったね。

 主役を引き立てるには悪役が重要だって、悪役を大切にしてくれるようになった。ドラマというのは悪役によって、おもしろくなるかが大きく左右されるんです。悪役が下手なら、そのドラマはつまらなくなる。「高倉健さんがかっこいいのは、おれがちゃんとした芝居をしているからだ」と自分に言っていたね(笑い)。

――主役にない、悪役のいいところはどこですか?

関連キーワード

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン