国内

認知症に似た「せん妄」の恐怖、不可解な暴言や鬼の形相に

せん妄は入院時やストレスなどで発症(写真/アフロ)

 54才のN記者は、認知症の母(83才)の介護にあたっている。その中で思い出したのは、亡き父が発症し、認知症と類似していた“せん妄”の症状だった。

 * * *
 17年前に、父(故人)が66才でくも膜下出血で倒れたときのこと。救命救急に運ばれ、一命は取り止めたものの、入院中にせん妄を発症。私が娘ということは認識していながら突然、妄想の闇に陥り、不可解な暴言を吐いたのだった。

 双子など、妄想のモチーフになるようなエピソードは思い当たらず、もともと穏やかで声を荒らげたこともない父の豹変ぶりは、少々ショックだった。ただこのときは、主治医から事前説明を受けていたのだ。

「一時的にびっくりするような症状が出ますが、必ず元に戻りますから大丈夫。落ち着いて見守ってくださいね」と。

 そして主治医は回診の後、「では部長、今日は失礼します。明日もよろしくお願いします」と、父に頭を下げてくれた。

「おうっ」と手を振る父はご機嫌。

 妄想の中では、主治医や看護師さんたちは会社の部下だった。白衣を着て診察もしてくれるのに、その矛盾は気にも留めない。脳の病気とはすさまじいものだと、母と顔を見合わせて感心しつつ、夜間にせん妄で暴れるらしい父を押さえる拘束ベルトを、まじまじと見た。

 高齢になると、入院時はもちろん、それ以外の環境でもせん妄を発症しやすく、症状の出方も多様。認知症と似てはいるが、分けて考え、適切な対処や治療が必要だという。これはごく最近、知った。

 今思えば、母にもせん妄が起きていたと思い当たることがいくつもあった。母の人生最大のストレスだった父の葬儀の前夜、20才の乙女に戻り元彼のことを延々と話したこと。不安な独居時代、刑事が私のことを聞き込みに来たと30分おきに電話をかけたこと。私の家に泊まると決まって深夜に、鬼の形相で金を返せとすごんだこと。

 いずれも認知症の延長のようでいて“豹変”といえる変化で数時間後にはケロリと収束。これがせん妄の特徴らしい。

 極めつきは4年前の暑い夏、今のサ高住(サービス付き高齢者向け住宅)に引っ越したとき。環境変化が認知症を悪化させるといわれたが、母はむしろ無表情だった。でも実はこれも低活動性のせん妄らしい。

「ご近所を散歩していたら、三つ編みの女の子が手招きするから、その家に入ったら中年の女性がアカシさんを探していると言うの。それで…」とボソボソ言ったか思うと、突然、部屋の中を歩き始めた。

 引っ越し直後で散歩する暇はなく、話の展開も奇妙。「認知症の悪化かしら?」とも思ったが、片付けに追われてしまった。

 脱水もせん妄の大きな引き金になると知り、あの母の異様な表情を思い出した。母は幸いその後、落ち着いて事なきを得たが、父のときのように事前にわかっていれば、気づけたかもしれない。家族も勉強が必要だ。

 それにしても三つ編み少女とアカシさん、そして17年前の父が“何もかも知っていた”という内容は何だろう。妄想に根拠はないといわれるが、気になってしかたがないのも家族の性だ。

※女性セブン2018年8月23・30日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

2019年、ゴールデングラブ賞を受賞した日本ハムの西川遥輝選手(時事通信フォト)
イケメンで人気の楽天・西川遥輝選手、日ハム時代に結婚していたけど発表しない理由
NEWSポストセブン
木本は沈痛
TKO木本武宏がアルバイトしながら債権回収に奔走する一方、不動産投資話の首謀者が行方不明に
女性セブン
厳戒態勢の中でもしめやかに(撮影/JMPA)
安倍元首相の国葬、厳戒態勢の中でもしめやかに 佳子さま、岸田首相ほか悼む人々
女性セブン
昭恵夫人(写真/JMPA)
誤算続きの安倍氏国葬 4割が招待辞退、国会議員6割欠席、費用はエリザベス女王国葬以上
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
小室佳代さんのトラブルは眞子さんに影響するか
小室佳代さん、元恋人に1600万円返金要求のトラブル “眞子さんの後ろ盾”の影響は
女性セブン
神戸山口組の井上邦雄組長(時事通信フォト)
劣勢の神戸山口組、かつて決別した組織との“反六代目”三派同盟を画策
週刊ポスト
3年夏の決勝に敗れた後、対戦相手の秀岳館・川端健斗選手(右)と記念撮影。2人は一緒に花火大会に行く仲(写真提供/川端健斗)
ヤクルト・村上宗隆を深く知る3人の証言 「プロ入り前夜」と「新人時代の頑固さ」
週刊ポスト
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン