国際情報

中国でプーさん映画の上映認めず 習主席の尊厳が問題か

土産物のマグに描かれた習氏。どこか似ている?(EPA=時事)

 米娯楽大手ウォルト・ディズニー・ピクチャーズが制作した人気キャラクター、くまのプーさんの新作映画「プーと大人になった僕(邦題)」の中国での上映が、当局によって拒否されたことが世界各地で大きな話題になっている。大方の見方は「中国当局は明らかに過剰反応」(BBC)というものだが、米映画専門誌は「中国当局が年間の海外映画本数を34本に制限しているためだ」と分析している。

 台湾外交部(外務省に相当)は8月初旬、プーさんと同じくクマをモチーフにした台湾観光局のマスコット・キャラクターの「オーション」が「『いとこのプーさん』の最新作が検閲により中国で上映禁止になったことに落胆している」とツイッターに英語で投稿。続けて「台湾ではすべてのクマが平等に扱われている」と強調し、プーさんの新作映画が台湾全土で上映されていることを紹介した。

 しかし、これについて、米CNNが「台湾政府が北京を嘲笑した」と報道すると、台湾側は「誤解を避けるため削除する」として、翌日夜には慌ててツィートを削除した。

 BBC は中国でプーさん映画の上映が拒否されたことについて、「プーさんは反政府の象徴となった」と報道。英経済紙フィナンシャル・タイムズもツイッターに「このクマは、どんなに頑張っても、中国検閲ににらまれてしまう」とつぶやいて、プーさんと習氏のパロディ画像を投稿した。

 そもそもプーさんと習氏との比較は2013年、習主席が当時のバラク・オバマ米大統領と並んで歩く画像が、プーさんとティガー(作品に登場するトラ)と並び歩く画像と一緒に投稿されたのを皮切りに始まった。2014年には、習主席が日本の安倍晋三首相と握手する写真が、プーさんがイーヨー(作品に登場するロバ)と握手する写真とともに拡散。

 政治的リスクの分析を行う米ニュース専門サイト「グローバル・リスク・インサイツ」は2015年、パレード中に車の屋根を開いて姿を見せる習主席の写真と、プーさんが車に乗っているおもちゃの写真を並べた画像を「中国で最も検閲された写真」と報じて大きな話題を呼んだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

安倍元首相(時事通信フォト)
安倍元首相国葬“出来レース入札”疑惑 加計学園問題と同じ構図だった
NEWSポストセブン
Twitterに投稿されている観客席やトイレなどに捨てられたゴミ
「RIZIN」花束投げ捨て騒動の裏に観客席でのゴミ散乱問題、会場関係者が明かした「本音」
NEWSポストセブン
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
特捜部の事情聴取を受けたという竹田前JOC会長(時事通信フォト)
五輪汚職、IOC裏工作疑惑が再燃 「元電通・元総理・旧皇族」の切っても切れない関係
週刊ポスト
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題 箝口令が敷かれなくても報じない大メディア、巨人との歪な関係
週刊ポスト
映画界に大きな衝撃を与え続けたゴダール監督
ゴダール監督が選んだ「安楽死」 本来必須の「4要件」の診断は満たされていたのか
NEWSポストセブン
そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)
大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情
週刊ポスト
ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
玉鷲
玉鷲の優勝でNHKの相撲中継に映らなかった豪華すぎる副賞 少しずつ数が減っている理由とは
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
週刊ポスト