芸能

立川志の輔 『大河への道』クライマックスは感動の結末

志の輔の名作はどうスゴいのか

 音楽誌『BURRN!』編集長の広瀬和生氏は、1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接している。広瀬氏の週刊ポスト連載「落語の目利き」より、通常の独演会ではなかなか出会えない立川志の輔の名作『大河への道』が呼び起こす感動について解説する。

 * * *
 志の輔パルコは数々の名作を生んだが、中で『大河への道』(2011年初演)は2分半のエンディング映像が不可欠なため、通常の独演会で遭遇することはまずない。その『大河への道』に思いがけず出会って感動したのは7月1日、三鷹市公会堂での立川志の輔独演会2席目のことだ。

「初めて日本地図を作った男」伊能忠敬をテーマとする『大河への道』は三重構造の噺だ。まずは忠敬の人生を語る「地噺」パート。50歳で「地球の大きさを知りたい」と天文学者の高橋至時に弟子入りして55歳から日本国中を歩測、73歳で亡くなるまで地球一周分の距離を歩いた忠敬の非凡な人生を志の輔が地で語る。

 この30分に及ぶ地噺をマクラに、「地元の偉人を大河ドラマの主役に!」という悲願を掲げた千葉のプロジェクト「伊能忠敬大河ドラマ推進委員会」を描く新作落語へ。委員会から脚本依頼を受けていた脚本家の加藤が最終プレゼンの前日「できませんでした」と推進委員会の主任に詫びる。激高した主任に加藤は「地図完成の3年前に忠敬は亡くなっていた」と指摘、ここから「劇中劇」として江戸が舞台の落語が始まる。主役は至時の倅、景保だ。

 忠敬の死を伏せて3年後の1821年、事業を引き継いだ景保は地図を完成させ、江戸城で将軍に拝謁。忠敬の死を打ち明けて日本全図を披露する。将軍は「これが余の国か」と感動し、「伊能、大義であった。余は満足じゃ、ゆっくりと休め」と不在の忠敬に優しく語りかける。

関連キーワード

関連記事

トピックス

誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
佐藤浩市
佐藤浩市の役作り「どんな役でもプライベートな体験と重ねることはない」
女性セブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
「日本はいずれ存在しなくなるだろう」の真意は?(写真/AFP=時事)
イーロン・マスク氏「日本はいずれ存在しなくなるだろう」“衝撃予言”の真意
週刊ポスト
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
神戸山口組幹部自宅に車両突っ込み 分裂抗争再燃か、変化する六代目山口組の動き
週刊ポスト
妻・国分佐智子と歩く林家三平
国分佐智子の美貌健在「落語界一の美人妻」抱える林家三平にTikTokナンパ疑惑
NEWSポストセブン
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン