ライフ

「なぜ自分だけが」と不遇を嘆くタイプはストレスに克てない

ストレス要因との正しい向き合い方は…(写真はイメージ)

 英語版だけで900万部、日本でも100万部を優に超える大ベストセラー『夜と霧』。オーストリアの精神科医ヴィクトール・E・フランクル(1905~1997)が書いたこの作品の原題は、『心理学者、強制収容所を体験する』。その名の通り、先の大戦中にフランクル自身がナチスドイツのユダヤ人強制収容所に収容された時の体験が、心理学的な見地から冷静な筆致で描かれている。

 この世界的名著は、過酷な収容所生活を記録したドキュメンタリーとして広く知られているが、ストレス・マネジメント研究者の舟木彩乃氏によると、『夜と霧』で語られている内容は深刻な不安やストレスを抱える現代人にとっても学ぶべき点が多いという。

「強制収容所での出来事や体験を書いた記録や報告は数多く発表されていますが、その中でも『夜と霧』は異彩を放っています。それは、被収容者たちがどのようにして精神を崩壊させてしまったのか、あるいは逆に、過酷な状況に直面していかに健全な精神を保っていたのかといったことについて、心理学や精神医学の立場から解明しているからです。これは、ストレス・マネジメントの観点から見ても、とても貴重な記録だと言えます。

 実際、近年注目されている『首尾一貫感覚(SOC/Sense of Coherence)』というストレス対処の考え方を提唱した医療社会学者のアーロン・アントノフスキー博士は、著書の中でフランクル氏の研究から影響を受けたと明記しています。『夜と霧』には、メンタルを強くして、ストレスに耐えながら生きるためのヒントがちりばめられているのです」(舟木氏、以下同)

◆生還したのは「偶然」ではない

 別名「ストレス対処力」と呼ばれる「首尾一貫感覚」は、もともとアントノフスキー博士がユダヤ人強制収容所に収容され過酷な体験をした女性たちの中で、戦後も生き延び、更年期になってもなお良好な健康状態を維持し続けた人々に共通する考え方や特性を分析した概念だ。舟木氏の近著『「首尾一貫感覚」で心を強くする』によれば、それをわかりやすく表現すると、

・「だいたいわかった(把握可能感=Sense of Comprehensibility)」
・「なんとかなる(処理可能感=Sense of manageability)」
・「どんなことにも意味がある(有意味感=Meaningfulness)」

 という3つの感覚からなる。

関連記事

トピックス

食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん「弁護士事務所で新たな職務」元銀行勤務の能力が高く評価されたか
NEWSポストセブン
当初「牛宮城」に反対していたという高橋社長(写真/小倉雄一郎)
人気YouTuberの“仕掛け人”Guild高橋将一代表 宮迫博之の復活プロデュース秘話「牛宮城はガチ」
NEWSポストセブン
RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
ニューヨークの街を歩く小室夫妻
小室圭さん眞子さんの結婚に反対 参院選出馬の皇室系YouTuberに賛同する人たち
NEWSポストセブン
小室圭さんの未来は明るい
小室圭さん「3度目司法試験、万が一失敗」でも安泰か 現地日本企業が熱視線
NEWSポストセブン
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さまの部活動で懸念される小室圭さん「警備費用」蒸し返し問題
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
高須院長
高須克弥氏が語る最新美容医療「いかに気づかれず自然に変われるかが求められる」
女性セブン
代役をハマり役に変えた(時事通信フォト)
川口春奈の凛とした魅力 賛否両論渦巻く『ちむどんどん』で一服の清涼剤に
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
女性セブン