国内

青汁王子 逮捕直前肉声「ステマはしたが脱税はしていない」

「青汁王子」として知られる三崎容疑者(公式ブログより)

 脱税の疑いで逮捕された「青汁王子」こと、三崎優太容疑者(29)。数多くの経済事件を取材してきたジャーナリスト・伊藤博敏氏は、逮捕直前まで本人とのやりとりを続けていた。“時代の寵児”は何を語っていたのか──。

 * * *
「1年にも及ぶ査察で、日本が本当にイヤになりました。処分が決まったら、国税を批判する本を書いて売りまくり、日本を脱出するつもりです」

 こう“決意”を語っていたのは、2月12日、法人税と消費税1億8000万円を脱税したとして、東京地検特捜部に逮捕された健康食品会社メディアハーツ(東京・渋谷)代表で“青汁王子”として知られる三崎優太容疑者である。

 取材を行なったのは都心の超高級レジデンス。昨年11月22日、三崎容疑者はモロッコ旅行から帰ったばかりで、女性秘書に促されて部屋に入ると、専属の美容師に髪を整えてもらっているところだった。

 以降、約3か月の間に、メールや電話を交わし、最後の電話は、地中海中心部のマルタ共和国から帰国、東京国税局の取り調べを受けた直後だった。

「私は、どうなるんでしょうか。告発されますかね。なにか情報は入ってないですか」

 その前から、彼はマルタ移住をほのめかしていた。海外移住を選べば、国税を刺激、告発される可能性は高まる。

 しかし三崎容疑者は、「国税(担当者)には移住を伝えているし、逃げ隠れするつもりはありません」と、そこは意に介さず、なにより「脱税した覚えはない。自分は悪くない」と、一貫して主張していた。

 メディアに露出を繰り返し、年収は12億円で、1億円超で競走馬を落札、フェラーリなど高級外車を乗り回す。そんな「青汁王子」の派手な私生活には、それほど興味はなかった。

 私が三崎容疑者に興味を持ったのは、通販事業への本格参入から3年で売上高122億円(2017年9月期)を達成した“秘密”を知りたかったからだ。

 三崎容疑者に会い、本社を訪ねて、今回、共犯で逮捕された内藤由美子容疑者(49)に話を聞いてわかったのは、「ネット広告」の効用を最大限に生かしたこと。現役高校生の18歳の時に会社を立ち上げ、成果報酬型のアフィリエイト広告で、月商数百万円の会社にした三崎容疑者は、「ウェブを駆使して販売する天才」(内藤容疑者)だという。「美と健康に役立つすっきりフルーツ青汁」は、若い女性を中心とするネットユーザーに受けた。青汁は累計1億3000万本以上売れ、大きな財を成した三崎容疑者は、その容姿も相まっていつしか「青汁王子」と呼ばれるようになった。

 逮捕容疑は、やはり共犯逮捕の加藤豪容疑者(34)の会社に「架空の広告宣伝費を計上するなどの手口」ということだったが、三崎容疑者は「“後ろめたい広告宣伝”はあっても架空ではない」と、否定していた。

「(国税は)架空発注して、浮かせた分を私に還流させていたというんですが、そんな工作はしていません。2017年に12億円以上の法人税を払っています。1億4000万円(消費税を除いた法人税)を払わず、犯罪者になるつもりはない」

“後ろめたい”というのはその広告戦略だ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
所属部署ではアソシエイト
ゆとりある働き方を実践する小室圭さん 所属する法律事務所が生成AIを使ったサービス導入で仕事を奪われる可能性浮上
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン