• TOP
  • 芸能
  • 嵐の前向きな姿勢 冠番組が低視聴率でも悲壮感はなかった

芸能

2019.02.17 07:00  女性セブン

嵐の前向きな姿勢 冠番組が低視聴率でも悲壮感はなかった

国民的アイドルグループとして愛されている嵐

 2020年いっぱいでの活動休止を発表した嵐。1月27日には5人揃って記者会見を行い、活動休止までの2年間で、ファンや関係者に対する感謝を表していくと語った。

 国民的アイドルグループとして多くの人々に愛されている嵐。もちろん、テレビの世界でも大活躍を見せている。

 嵐としての初冠番組は2001年スタートの『真夜中の嵐』(日本テレビ系)。後続の深夜番組『Cの嵐!』(2002年)、『Dの嵐!』(2003年)では、役所や企業のクレーム処理を代行して嵐のメンバーが謝罪したり、賞味期限切れの食材を口にしたりなど、体当たりの番組作りに挑んだ。

 この時期、土曜昼の生放送『なまあらし LIVESTORM』(2002~2004年、フジテレビ系)も始まった。番組関係者が振り返る。

「当初は視聴率がまったく伸びず、1%台を記録したこともあります。周囲からのプレッシャーも強くてスタッフは焦りましたが、当の5人に焦燥感や悲壮感はまるでなく、前向きでした。松本さんが、“深夜(番組)に出ているおれらが土曜の昼間にも出るってすごいよな”と言えば、相葉さんが“ホントだね、ありがたいね”と返すなど、どこまでもポジティブ。いいグループだと思いましたね。そんな彼らの魅力を視聴者に伝えなくてはならないと、スタッフも一丸となっていました」

 どんな状況でも、前向きに素直に楽しもうとする嵐の姿勢は周囲を動かしていった。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが指摘する。

「当時は音楽番組が減っていて、アイドルや歌手が、バラエティー番組で露出することが増えていました。なかでも、嵐はとにかく一生懸命。どんなムチャぶりにも真面目に向き合っているのが伝わってきました。突出して人気のある中心メンバーがいるわけではなく、“5人揃って”の活躍ぶりに、“なれ合い”といわれたこともありましたが、仲のよさは際立っていました」

 しかし、なかなか知名度が思ったように上がらないまま、打ち切りになる番組もあった。後に相葉雅紀(36才)は当時の悔しさをこう語っている。

《バラエティー番組は皆同じ方向を向いて頑張っていても、残念ながら突然終わりが訪れることもあるんだよね。スタッフとの不意の別れを経験して、こんな思いは二度としたくないと思った》(女性セブン2014年10月9日号)

※女性セブン2019年2月28日号

関連記事

トピックス