芸能

『わたし、定時で』ヒロインの吉高由里子が使うPCの秘密

TBS系ドラマ『わたし、定時で帰ります。」の公式サイトより

 世相を見事にとらえたドラマ『わたし、定時で帰ります。』(TBS系列火曜午後10時~)が話題だ。初回は、定時帰りを信条とするヒロイン・東山結衣(吉高由里子)が、同世代の同僚で残業をいとわない、「無遅刻無欠勤女」の異名を取る三谷佳菜子(シシド・カフカ)と、第2話では、育休から復帰して人が変わったように働くワーキングマザー・賤ヶ岳八重(内田有紀)と向き合った。

 初回9.5%、第2話10.4%という視聴率の数字以上にネットでは話題になっており、「『定時で帰ります』って、なかなか言えないよね」「残業している人も成果を出したい思いは同じだから痛々しい」などという声もある。

 ヒロインの東山は定時の午後6時には会社を出て、行きつけの「上海飯店」に繰り出し、6時10分までに入店すればビールが半額になる「ハッピーアワー」に滑り込む。そんなルーティーンを自分に課すことで、日々の仕事のモチベーションを上げようとする。彼女のように、実践したことで何かよい効果が得られなければ、定時帰りは続けられないだろう。

「実は東山さんには『ハッピーアワー』以外にもいいことが起こっている」というのは、編集プロダクション勤務の30代ライターT氏。T氏は徹夜仕事をするライターが多いなかで、定時帰りを実践した結果、こなせる仕事量が飛躍的にアップしたという。

「彼女はパソコンに『やることリスト』として付箋を貼り付け、テキパキと業務をこなしています。ネット上では『要領がいい人だから定時で帰れる』と書いている人もいるけれど、原因と結果が逆。要領がいいから定時で帰れるのではなくて、定時で帰ろうとしたから要領がよくなった。東山さんも最初は普通の人だったでしょう」

 明星大学特任教授でモチベーション研究を専門とする菊入みゆき氏は、課せられた仕事量と時間の関係についてこう指摘する。

「イギリスで行われた研究では、人は例えば午後5時までだと言われると、2時ぐらいに終われる仕事でも5時までかかるように仕事を増やしてしまうという結果が出ている。人間にはそういう行動特性があることがわかっているのです。定時までに終わらせられる仕事でも、『明日までにできればいいや』と思っていると、本当に明日までかかってしまうのです」

関連キーワード

関連記事

トピックス

「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン