ライフ

森口博子がおすすめする福岡グルメ 巨大イカ刺しと鯛茶

割烹 よし田の『鯛茶』

『万葉集』に収められた『梅花の歌三十二首』の序文が新元号“令和”の引用元と発表されて以来、一躍脚光を浴びている福岡・太宰府。そんな令和ゆかりの地でおいしいものを食べたい……。

 福岡の代名詞といえば“うまかもん”。商人の街として栄えたことから近隣の新鮮な食材が行き交い、忙しい生活から生まれた食文化が根付いています。福岡に縁の深い人々が、おすすめをナビゲートする。

◆割烹 よし田
住所:福岡市中央区天神1-14-10
定休日:日曜・祝

 昼時は行列ができる鯛茶漬け『鯛茶』は、まずそのままで白身の弾力を、後半は緑茶をかけて深い味わいを楽しむ。

「鯛の味が引き立つよう、秘伝のたれに長時間漬けないのもこだわりです」(社長・吉田泰三さん)

 もうひとつの名物は、佐賀の呼子から毎日直送されるやりいかのお造り。下に敷くしその葉が透けるほどの透明感は、新鮮さの証。

 おひつのご飯もついた『鯛茶』は、ランチ時1080円と破格。夜はコースの一部として提供される。歌手でタレントの森口博子さんも『鯛茶』の大ファンだ。

「巨大ないか刺しにテンション! 食べ方を変えて楽しめる鯛茶と両方頼みます」

●森口博子さん/福岡出身。「博多祇園山笠では、活気や団結力を感じます」。8月から福岡などでツアーを開催。

芸能人のファンも多い、博多味処 いろは 博多本店の『地鶏水たきコース』(1人分・5070円)

◆博多味処 いろは 博多本店
住所:福岡市博多区上川端町14-27 いろはビル 
定休日:月曜、9月まで月1回火曜

『地鶏水たきコース』(1人分・5070円)は芸能人のファンも多く、店内にはサインがずらり。

「脂身も良質な佐賀の赤鶏を、丸ごと昆布だしで煮ています。水から強火で炊き、身はホロホロ、スープは濃厚なのにしつこくない仕上がりに。まずスープを飲み、もも肉を皮ごと練ったつくねやキャベツを投入。甘みが増すスープの変化も楽しんで」(店主・原田隆史さん)

 フリーアナウンサーの堤信子さんもこの水たきをおすすめする。

「滋味深いトロトロのスープや〆の雑炊はもちろん、女将さん達の人柄も心身に沁みます」

撮影/深澤慎平

※女性セブン2019年6月20日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン