• TOP
  • ライフ
  • 高速バス旅行の魅力 「妻が買い物中に夫は地ビール」も可能

ライフ

2019.07.03 16:00  週刊ポスト

高速バス旅行の魅力 「妻が買い物中に夫は地ビール」も可能

入浴施設の露天風呂では富士山が望める(写真提供/時之栖)

 高速バスには夜に乗り込み、朝方に到着する運行だけでなく、6~7時間の滞在を目的とした往復便も多い。昼運行のバスは、全体の9割を占めている。

 家族で外出となれば、ショッピングを楽しみたい人と観光を楽しみたい人とに分かれることもしばしば。アウトレットと大規模リゾートを組み合わせたコースがおすすめだ。たとえば東京発なら、以下のコースはどうだろう。

【モデルコース】
池袋8:05→(高速バス)→9:40御殿場プレミアム・アウトレット10:00→(路線バス)→10:27時之栖(温泉、地ビールレストラン、ウォーキング、各種スポーツ施設にてレジャー)13:40→(無料送迎バス)→14:00御殿場インター14:05→(無料送迎バス)→14:15御殿場プレミアム・アウトレットでショッピング16:15→(高速バス)→17:45池袋

『時之栖』にあるレストランでは富士山の湧水を使った地ビールを味わえる(写真提供/時之栖)

「御殿場プレミアム・アウトレット」には200を超える専門店とレストランがある

地ビールレストラン「グランテーブル」の料理(写真提供/時之栖)

【費用】
池袋~御殿場プレミアム・アウトレット往復:3300円
(路線バス)御殿場プレミアム・アウトレット~時之栖:520円
※時之栖(ときのすみか)での食事やアトラクション、アウトレットでのショッピング代金は別途負担
※往路バス車内でアウトレットの割引クーポン(各店舗の割引などの特典)が配布されるほか新宿発や東京駅発など多数の路線がある

 高速バスマーケティング研究所代表・成定竜一氏が語る。

「クルマで行く場合、運転する人はお酒が飲めません。高速バスであれば、奥さんや家族が買い物を楽しんでいる間、旦那さんが地ビールを飲んだり温泉に浸かったりしてゆっくりする、という過ごし方も可能です」

池袋と御殿場プレミアム・アウトレットを約1時間半で結ぶ(写真提供/国際興業バス)

※週刊ポスト2019年7月12日号

関連記事

トピックス