国内

室井佑月も告白、豊胸手術が乳がん発見遅らせるリスクも

豊胸したのは「若気の至り」と話す

「闘うという気持ちはない。がんになったから、逆にいいこともあるだろうと思うので、馬券か宝くじを買いたい」

 乳がんを患ったことをスポーツニッポン(7月10日付)の取材に告白したのは、作家でタレントの室井佑月(49才)。

 7月初旬に右胸に違和感が生じたという。触ってみるとしこりがあり、病院へ。ステージIの乳がんでリンパ節には転移していなかった。8月9日に右乳房の一部を摘出する手術を受ける予定だ。

「室井さんは糖尿病持ちのため3か月に1度の血液検査を受けていたものの、乳がんの検査であるマンモグラフィーは受けていませんでした。その理由について彼女は『若い頃に豊胸手術をして、乳房の下に生理食塩水を入れたから、検査が受けられなかった』と明かしたのです」(スポーツ紙記者)

 この告白が、医療関係者の間で議論を呼んでいる。

「実は豊胸手術が原因で乳がんになったという話は珍しくありません。豊胸手術と乳がんに直接の因果があるかは難しいところですが、豊胸したことがバレたくなくて検査を受けなかったという人は本当に多い。それが原因で命を落としたかたもいます。今回、室井さんが豊胸手術を受けていたことを告白してくれたことで、この流れに歯止めがかかればいいのですが…」(医療関係者)

 室井が受けたのは、生理食塩水の入ったバッグを胸部に挿入してバストアップさせる豊胸手術だ。

 乳がん検診では、視触診、超音波検査、そして乳房専用のX線撮影をするマンモグラフィーの3種類が一般的だ。このうち、検診により死亡率減少の確証が得られているのは、マンモグラフィーのみである。注意すべきは、豊胸したらマンモグラフィーを受けられないケースが多いこと。

 乳がん検診を管理する「日本乳がん検診精度管理中央機構」は、豊胸手術実施者へのマンモグラフィーを原則として禁止している。ベルーガクリニック院長の富永祐司さんが指摘する。

「マンモグラフィーは乳房を強く圧迫するため、豊胸手術の際に胸部に挿入したバッグが破裂する恐れがあるので、禁止されています。ただ、乳がんなどの疑いがあり、検診ではなく診察となる場合は、各医師の判断に委ねられます。なかには破損リスクを恐れて、豊胸手術をした患者にマンモグラフィーを実施しない医師もいます」

 また豊胸手術後にマンモグラフィーを受けたとしても、「見逃しリスク」が生じる。

関連記事

トピックス

綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
フィリピンのマニラ首都圏にあるビクタン収容所(AFP=時事)
【ルフィ強盗事件】賄賂が横行するフィリピン 入管も警察も金次第でどうにでもなる実態
NEWSポストセブン
家康の正室・瀬名(有村架純)
大河ドラマ『どうする家康』 “ヘタレの家康”を取り巻く13人の女たち相関図
週刊ポスト
中居
完全復帰の中居正広が支持される理由 素晴らしい人柄とプロデュース力
女性セブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
女性セブン