芸能

三浦百恵さん、著書出版 伸び悩む長男の後押しも目的か

百恵さんの復帰を願う声も

《『あのキルトを僕にください』と、いよいよ家から自立することになった長男の意外な所望。(中略)うれしさが心に広がった、我が子の言葉》

 7月26日に発売された三浦百恵さん(60才)の著書『時間の花束 Bouquet du temps』(日本ヴォーグ社)には、百恵さんが手作りしてきたキルト作品と共に、秘話が綴られている。

「初めて子供のために作ったクマのアップリケのベストや幼稚園入園の時に作った体操着袋などが、思い出と共に掲載されています。芸能界を完全引退してから約40年、百恵さんの“肉声”が伝えられるのは初めてのこと。これまで家族のことを一切語ってこなかった百恵さんが、私生活を公開したのは驚きでした」(芸能関係者)

 百恵さんには長男・三浦祐太朗(35才)、次男・三浦貴大(33才)の2人の子供がいる。貴大は映画『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』でデビューし、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。その後も映画やドラマで活躍を続ける。

「一方、シンガーソングライターの祐太朗さんはヒット曲に恵まれず、伸び悩んでいる。百恵さんが本を出版したのは、祐太朗さんを後押しするためではないかといわれているんです」(スポーツ紙記者)

 7月19日には百恵さんの本の出版に合わせるように、『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)に祐太朗がゲスト出演した。

 その時のトーク内容は、百恵さんが引退した時に使った「伝説のマイク」をおもちゃに使っていたことや、母親にエロ本を見つけられた話など、“百恵さんネタ”が満載だった。

関連キーワード

関連記事

トピックス

雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
小倉優子が勉強
小倉優子、密着番組リニューアルでも猛勉強継続 早稲田大学以外も受験予定
女性セブン
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン