• TOP
  • 芸能
  • 賀来賢人 新ドラマは刑事役「2本の脚本から自ら選んだ」

芸能

2019.08.03 16:00  NEWSポストセブン

賀来賢人 新ドラマは刑事役「2本の脚本から自ら選んだ」

今度は刑事役に挑戦するという賀来賢人

今度は刑事役に挑戦するという賀来賢人

 最近、若手のなかでも異質な存在感を示す俳優の賀来賢人(30)が大胆なイメチェンにチャレンジする。昨年10月から放送されたドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系)で主演を務めてからちょうど1年。この10月期から同じ日テレ系でスタートする日曜ドラマ枠『ニッポンノワール』(仮題)で再び主演に抜擢されたのだ。今回、賀来が演じるのは不良学生ではなく、刑事役。気になるあらすじをどこより早くお届けしよう。

 山小屋で目が覚めると女性の遺体が転がっている。男の手には拳銃──記憶が完全に消失している男は自分がかろうじて警察官であることは覚えている。しかも、銃弾で頭を吹き飛ばされているのは上司であるキャリア警察官。現場の状況は自分が犯人であることを示している。証拠を抹消し自宅に戻る男。一本の電話が鳴る。所属する警視庁捜査一課。自ら山小屋に向かい上司を殺害した犯人逮捕のために捜査に向かう。賀来は容疑者でありながら犯人を追い詰める敏腕刑事役に扮するというのである。芸能プロ関係者が語る。

「賀来と言えば、『今日から俺は!!』や『アフロ田中』(WOWOW)、さらに現在放送中のCM『花王 アタックZERO』の“洗濯男子”など、最近はコメディーキャラが定着していた。だが、今回のドラマはガチガチのシリアスサスペンスです。刑事でありながら犯人かもしれないというミステリアスなストーリーのなかで悩みながら真犯人を追い詰めて行く。演技力が問われる内容です」

 今回、日テレが事前に賀来サイドに提案していたドラマ企画書は2本あったという。

「1本はこの刑事ドラマ。もう1本は大失恋を機にお笑い芸人を目指すエリート官僚の物語だった。賀来は2つの企画書を読み比べたうえで『ニッポンノワール』を選択したんです」(前出・芸能プロ関係者)

 なぜ賀来は笑いのないシリアスな刑事ドラマを選択したのか?

関連記事

トピックス