• TOP
  • ライフ
  • 江戸時代の医学書が教える、長生きのための四季の過ごし方

ライフ

2019.08.27 07:00  女性セブン

江戸時代の医学書が教える、長生きのための四季の過ごし方

『老人必用養草』は、誰が読んでもすぐに理解できるように簡潔な文章で書かれている

 江戸時代中期に活躍した伝説的名医である香月牛山(1656-1740)が書いた『老人必用養草(やしないぐさ)』に注目が集まっている。

 ここには、現代にも通用する健康で長生きするためのヒントが多く詰まっている。みずからも85才という長寿を全うした牛山の知恵から、四季の過ごし方を紐解いてみよう。

 四季の過ごし方にも名医の知恵が光る。牛山は「1月から2月の間は寒いから遅く起きるべきで、逆に夏は早起きした方がいい」としているが、諏訪中央病院名誉院長で脳卒中の死亡率が全国ワースト2位だった長野県を日本一の長寿県へと導いた鎌田實さんによると現代に通じる考え方だという。

「太陽に当たると幸せホルモンとも称される脳内伝達物質セロトニンが分泌されるので、太陽が昇る時間に合わせて起きるのがいい。冬は早いとまだ日が昇っていないうえ、早朝寒いところに出て行くと血圧が急に上がりやすいから避けた方がいい」

 睡眠についても、さらに言及が続く。

《眠過る時はその眼を害す 眠の欲を禁ずべきなり》《昼はねぶりて夜は眼さむるなり》と「寝すぎてはいけない」「昼寝はするな」ということも強調している。(以下、《》内は『老人必用養草』からの抜粋)

 帯津三敬病院名誉院長の帯津良一さんも同意して言う。

「これは現代にも通じることですね。80代になれば夜に5時間眠ればいいといわれているし、昼寝もできればしない方がいい。5分程度なら構いませんが、30分以上昼寝をすると疲労感が出てその後の活動に支障をきたすうえ、夜によく眠れなくなる」

 熱帯夜が続く今日この頃だが、無理して長時間眠る必要はないようだ。

◆夏はすいかと葛切り

 加えて、特に今のような夏の暑い時期は、葛切りやすいかを食べることを推奨している。高齢者の健康に詳しい新田クリニック院長の新田國夫さんはこう言う。

「高齢者の体は熱を感じにくくなり、のどの渇きを感じる能力も衰えるため、熱中症になりやすい。こういった食べ物を習慣的にとって体を冷やし、水分を補給するのはおすすめの方法です」

撮影/浅野剛

※女性セブン2019年9月5日号

関連記事

トピックス