国内

京アニ放火被害者の父、悲しみの中取材を受ける理由

長女の幸恵さんを亡くした伸一さん

「過去は振り返りたくないので、昔のことは思い出しません。でも悲しみは別です。娘が死んだという悲しみと、娘がいなくなったという寂しさが、わけのわからない感情として私の中にあります」

 8月下旬、強い日差しが照りつける兵庫県加古川市郊外にある自宅で、長女の津田幸恵さん(41才)を失った父の伸一さん(69才)は、娘の遺影と遺骨の前で言葉を絞り出した。

 7月18日、京都市伏見区にあるアニメ制作会社「京都アニメーション(以下、京アニ)」第1スタジオが放火され、男女35人が死亡、34人が重軽傷を負った。

 未曽有の惨劇で犠牲になった幸恵さんは、兄1人、妹2人の4人きょうだい。少女時代、喘息のため学校を休むことが多く、外出も控えがちな幸恵さんが没頭したのは、「好きな絵を描く」ことだった。

「中学生の頃から、机に向かってよく絵を描いていました。高校時代は『るろうに剣心』が大のお気に入りで、すでにこの頃には、将来、アニメの道に進むことを決心していたようです」(伸一さん・以下同)

 高校を卒業後、大阪の専門学校でアニメを学び、憧れの京アニへの就職が決まった。

「家内は娘が家を出ることが不安で、わざわざ家内と2人で京アニを訪れて会社のかたと話をしました。その時、家庭的な会社で社員寮があることもわかり、家内は安心したようです。

 入社した幸恵は実家に帰省するたびに表情が明るくなりました。幼い頃は病弱やったけど、声が大きくなって元気になったんです。京都でさぞかし充実した日々を過ごしているのやろうと思いました」

◆エンドロールに名前が登場するのがうれしくて

 幸恵さんが担当したのは、繊細なアニメの絵を仕上げる「着色」だ。カラーコーディネーターの資格を取得して、『涼宮ハルヒの憂鬱』『映画 けいおん!』などの京アニオリジナル作品を手がけたほか、京アニが下請けを担った『クレヨンしんちゃん』『名探偵コナン』などの人気作にも参加。

 そんな娘の活躍が両親には誇らしかった。

「テレビで放送される『クレヨンしんちゃん』のエンドロールに“津田幸恵”という名前が出るのがうれしくて、家内と毎週楽しみにしていました。名前が出てから消えるまであっという間だから、見逃さんように集中してね」

関連記事

トピックス

SixTONES・ジェシー(28)
交際報道のSixTONES・ジェシーが愛用「ファミマの靴下」がXトレンド入り、「話題」と投稿のファミマが答えた“本当の意図”
NEWSポストセブン
世界体操・種目別 女子平均台決勝の演技
体操・宮田選手の五輪辞退に「当然だ!」の声があふれる気持ち悪さ
NEWSポストセブン
フレッシュさが魅力の石川(右)と突破力に定評がある出川(左)
《五輪キャスターバトル》“圧倒的な高評価”フジ石川佳純を猛追するテレ東“応援団長”出川哲朗 日テレ萩野公介は不安要素を露呈
女性セブン
名古屋場所
溜席の着物美人が名古屋場所にワンピース姿で登場 理由は愛知県体育館の暑さで、今年最後になる会場を見届ける思いか
NEWSポストセブン
綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
医療法人・徳洲会の創設者で元衆議院議員の徳田虎雄氏
《追悼評伝》徳田虎雄氏“不随の病院王”の功罪「『絶対善』の目的のためには手段はすべて肯定される」 伝説の選挙戦「保徳戦争」では現金が乱舞し選挙賭博も横行
週刊ポスト
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン