ライフ

玉井雪雄氏「炎上だらけの今、倫理をテーマに漫画を描く理由」

漫画家の玉井雪雄氏

 バズれば人気者、炎上すれば人として終わり──今や誰しもが、ネットやSNSのニュースや世論に一喜一憂している。そんな状況にあって話題を呼んでいるのが『エチカの時間』という漫画だ。「倫理」というテーマで現代に一石を投じるのが、漫画家の玉井雪雄氏。玉井氏に話を聞いた。

 * * *
玉井:していいこと、してはいけないこと、したほうがいいこと、するべきじゃないこと、したら怒られること、したらいい人と思われること、したら終っちゃうこと、したらどーにかなっちゃいそうなこと…などが最近ごっちゃになっている気がしていまして。それが、『エチカの時間』を描こうと思ったきっかけです。

 それらは誰が決めるのか?というと日本人の場合、よく言われることですが、その場の空気が決めてしまう。しかもSNSなどが普及したせいで、それが合議制になってしまう。“巨大な村の合議制”でしっかり議論されることなく、世の中の常識や良識が事細かく決まっていく。この事に非常にストレスを感じていたんです。

──現代の世論の作られ方に疑問があった、ということですね。漫画ではSNSの他に現代のキーワード「AI」や「AIの育倫」もテーマになっている。

玉井:これまで『知能って何だろう?』とずっと考えてきたんですが、『AIにおける知能というものの進化や発達には“肉体”が不可欠だ』という記事を読んで、AIが知能を獲得するためには、どの“立ち位置”=肉体から情報を処理するかが必要で、立ち位置を決めるのが、結局、倫理というものなのかなと思いました。それが肉体が不可欠ということかなと。だからAIに倫理というテーマはハマる気がしました。

──『エチカの時間』のタイトルに込められた意味とは?

玉井:「倫理」とか「道徳」というと、どうしても小学校の道徳の時間を思い起こさせてしまい、詰まらなさそうですね。また『モラル』と言っても最近はモラハラとかって、言葉の使われ方が怪しげな感じがして…。そんなとき、倫理哲学というのを調べていたらスピノザの『エチカ』という著作を知って、内容は読んでもなんのことやらさっぱりですが、どうやらエチカ(ethica)はethics(倫理)の語源だということで音感もいいと思ったので。

 また、倫理というのは時代とともに進化して行くものだと思っています。今、AIやインターネットや流通や仕事や家族や子育て……あらゆるものが変わっているのに、実際はなんとなく昭和の倫理観で生きている気がして。(自分だけではなく社会全体ですが)そろそろ次のエチカを考える時間だというのが、“時間”とつけた理由です。

関連記事

トピックス

弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
アントニオ猪木へのリスペクトは数え切れない
桑田佳祐も「天皇の執刀医」も熱烈な“猪木信者” 各界のトップたちに燃える闘魂が与えた影響
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
互いに認め合い、激動の80年代を駆け抜けたふたり
中森明菜と松田聖子、認め合っていた2人 かつて飛び交った不仲説の真実
週刊ポスト
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
2010年3月に行われた円楽さんの襲名披露会見
逝去の三遊亭円楽さん 故・桂歌丸さんが闘病の支えに「呼びにきちゃダメだよって……」
NEWSポストセブン
ノーヘル走行が可能な電動キックボードだが……(イメージ、NurPhoto via AFP)
死亡事故が起きた電動キックボード なぜ「ノーヘルOK」にこだわるのか
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン