ライフ

【法律相談】遺産で対立 弁護士抜きで話し合うのは有効か

相続争いはモメるものだが…

 相続をめぐり親族関係がメチャクチャになるのは見るに堪えないもの。それを回避する方ために有効なのが弁護士を立てることだが、親族間の話に弁護士を入れることに抵抗がある人も少なくないだろう。父と叔父が遺産をめぐり対立したが、弁護士抜きで話し合ってほしい場合、どうすれば良いのか? 弁護士の竹下正己氏が回答する。

【相談】
 大学生です。先日、祖父が亡くなり、相続をめぐって父と叔父が対立し、ついに互いに弁護士を立てる事態に。でも、話し合えばわかり合えると親戚一同、みなそう思っているのですが、弁護士の存在が直接対話を実現させません。こうなると、双方が弁護士を立てた時点で、後戻りはできないのでしょうか。

【回答】
 兄弟間の紛争を心配した親戚が、直接の話し合いの場を設けて和解に乗り出すことは、ごく普通にあることです。なお、一方側の弁護士だけが立ち合うことはできません。案件を受任した弁護士が、相手方も弁護士に依頼していることを知っている場合、その承諾を得ずに相手方本人と直接交渉することは、特別に正当化する理由がない限り、日弁連が定める弁護士職務基本規程に違反します。

 これに対して、親戚が仲介の労をとることについての制約はありません。まだ裁判所に調停や裁判が提起されていない段階のようですが、仮に手続きが始まっていても、その点は変わりありません。

 ただ、直接交渉が破綻したからこそ、冷静かつ客観的に対応できる弁護士を委任したと考えられるので、詳細を知らない外部の人が、弁護士抜きの直接面談を勧めるのは慎重に考えるべきです。それでも兄弟の紛争が直接協議で解決すれば結構なことですが、弁護士報酬の問題が残ります。

関連キーワード

関連記事

トピックス

小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
プーチン大統領は何もかも秘密…(写真/イタルタス通信=共同)
「プーチン大統領の排泄物番」は出世コース ロシアの国家機密を守る超エリート
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト