国内

クレーマーがファンになる女性が伝えるクレーム対処法

クレーマー対応のコツとは

 パート先では「なんで売り切れなのよ!」、クタクタで帰れば「嫁のくせに、こんな時間まで出歩いて!」。けんかはしたくないけれど、黙って耐えるのも悔しい…。世の中にあふれる理不尽なクレームにどう対処すればいいのだろうか? 公務員として1日200件近いクレーム処理をしているうちに「いつしか元クレーマーによるファンクラブができていた」という経験をもとに、のべ8000人以上にクレーム対応を指導している、山下由美さんが最強のクレーム対処法を伝授する。

◆「超共感法」でクレーム脳をクールダウン

 山下さんが編み出したのは、どんなタイプのクレーマーにも通用する「超共感法」だ。怒りを落ち着かせ、相手の“ゴール”を明らかにする。

「超共感法の目的は、相手に『そうなんです』と言わせること。ビジネスの世界でも使われている手法です。クレームを言っている時の脳は興奮状態で、こちらの言うことをすべて否定しようとしています。

 しかし、肯定の言葉を言わせると、脳は自分の発した言葉に影響され、少しずつ落ち着いていきます」

 クレーム対応のマニュアルに多い「常に笑顔で冷静に話す」というのは、「私は怒っているのに、ヘラヘラしないで!」と、火に油をそそぐ。

 超共感法なら、怒りでわれを忘れているクレーマーにこそ効果を発揮できるという。

関連キーワード

関連記事

トピックス

ホテルを後にする神田うの
【独占スクープ】神田うの、中国人実業家とビジネスホテルで週一の密会 関係者は「金銭トラブルの話し合い」
女性セブン
小澤陽子アナを射止めたのは「現役東大生社長」(写真/ロケットパンチ)
フジ・小澤陽子アナ 極秘結婚したお相手は3歳年下の「現役東大生社長」だった
週刊ポスト
仲睦まじさは健在(2021年12月、東京・港区。写真/JMPA)
天皇ご一家、3年ぶりのご静養へ 行き先は葉山御用邸が有力、皇室も徐々に「ウィズコロナ」化
女性セブン
「腹立ちましたね」とも(YouTubeより。現在は削除済み)
80代おばあちゃんワンオペうどん店酷評YouTuberのラジオ番組が終了、FMヨコハマ明かした納得の降板理由
NEWSポストセブン
2021年には試合前の肩を組んだダルビッシュ選手と大谷選手(写真/GettyImages)
ダルビッシュ有&大谷翔平、2大スターの貴重な肩組みショット WBC“夢の共演”は目前
女性セブン
宇内アナと交際相手の男性
《腕組みラブラブ姿も》TBS宇内梨紗アナ、慶応卒「外資系イケメン」と半同棲&デート現場
NEWSポストセブン
55才で急逝したMBS高井美紀アナ 有働由美子アナが憧れた“人生の道標”だった
55才で急逝したMBS高井美紀アナ 有働由美子アナが憧れた“人生の道標”だった
女性セブン
ぺろぺろ動画が撮影された岐阜県内の店舗
スシローペロペロ騒動 少年は憔悴し自主退学 重罪か悪ふざけか、過剰な熱量への違和感
女性セブン
逮捕された慶応高職員の鏑木容疑者
「あだ名は鬼軍曹」「いきなり生徒を背負い投げ」逮捕された慶應高教員の柔道家の素顔
NEWSポストセブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
【独占ツーショット写真】小出恵介、30代セレブ美女とNYで結婚、夫婦でペットシッター業も開始
女性セブン
ガルバサムネ
【「お尻が見える」で有名に】13歳女子中学生に接客させて逮捕されたガールズバー経営者は「未成年集めるプロ」だった
NEWSポストセブン
渋谷容疑者と妻(2006年に行われた会見)
《逮捕の一夫多妻男》女性9人・子供3人の「生活費」はどうなっていた? 供出金1人8万円、マインドコントロールの末
NEWSポストセブン