芸能

演歌界のプリンス中澤卓也、レーサーになる夢挫折の過去

こぼれる笑顔の「演歌界のプリンス」

 気軽に会いに行ける場で活躍する“会いに行けるスター”が多くの人々を魅了している。演歌歌手の中澤卓也(24才)もそんなスターの1人といえるだろう。

◆演歌にこだわらないジャンルレスな歌手に!

 演歌歌手・中澤卓也といえば、178cmの長身と甘いマスクで、20~80代の幅広い世代から人気を集める演歌界のホープだ。明るい笑顔も魅力的だが、時折見せる憂いのある表情にキュンとするマダムも多い。その表情の背景には大きな挫折があったという。

「歌手になる前はレーサーを目指していました。9才から6年間、本気で取り組んでいましたが、プロへの壁は厚かった…。心に穴が空いていたぼくに、祖母が『NHKのど自慢』への出場をすすめてくれました。これが大きな転機となったんです」(中澤卓也・以下同)

 のど自慢では森山直太朗の『さくら(独唱)』を披露し、その週のチャンピオンとなる。この放送を見ていたレコード会社からすぐにスカウトされ、瞬く間にデビューを果たした。

「過酷なレーサーとしての経験があったからこそ、“ここぞ”という時に心を落ち着かせられ、実力を発揮できたのだと思います。挫折はつらかったですが、だからこそ歌とファンの皆さんに出会えた。ハンドルをマイクに持ち替えた今は、皆さんと一緒に、トップを目指して走り抜きたいと思っています」

 のど自慢ではポピュラーミュージックを歌ったのに、演歌の道を選んだ理由についてもうかがった。

「作曲家・田尾将実先生に弟子入りして、演歌の世界を知りました。曲の一つひとつに物語があることが衝撃的で、すっかりその世界に魅せられました」

 演歌をイチから学んだが、ジャンルレスな歌手になりたいと、ギターやポピュラーミュージックの練習も欠かさずにいるという。

 見た目は草食系だが、歌の道には肉食系の演歌のプリンス。レースの世界で育まれたワイルドさが漂っていた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作
佐々木朗希のフォークは「もっとよくなる!」 フォークの神様・杉下茂氏が提言
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン