芸能

演歌界のプリンス中澤卓也、レーサーになる夢挫折の過去

こぼれる笑顔の「演歌界のプリンス」

 気軽に会いに行ける場で活躍する“会いに行けるスター”が多くの人々を魅了している。演歌歌手の中澤卓也(24才)もそんなスターの1人といえるだろう。

◆演歌にこだわらないジャンルレスな歌手に!

 演歌歌手・中澤卓也といえば、178cmの長身と甘いマスクで、20~80代の幅広い世代から人気を集める演歌界のホープだ。明るい笑顔も魅力的だが、時折見せる憂いのある表情にキュンとするマダムも多い。その表情の背景には大きな挫折があったという。

「歌手になる前はレーサーを目指していました。9才から6年間、本気で取り組んでいましたが、プロへの壁は厚かった…。心に穴が空いていたぼくに、祖母が『NHKのど自慢』への出場をすすめてくれました。これが大きな転機となったんです」(中澤卓也・以下同)

 のど自慢では森山直太朗の『さくら(独唱)』を披露し、その週のチャンピオンとなる。この放送を見ていたレコード会社からすぐにスカウトされ、瞬く間にデビューを果たした。

「過酷なレーサーとしての経験があったからこそ、“ここぞ”という時に心を落ち着かせられ、実力を発揮できたのだと思います。挫折はつらかったですが、だからこそ歌とファンの皆さんに出会えた。ハンドルをマイクに持ち替えた今は、皆さんと一緒に、トップを目指して走り抜きたいと思っています」

 のど自慢ではポピュラーミュージックを歌ったのに、演歌の道を選んだ理由についてもうかがった。

「作曲家・田尾将実先生に弟子入りして、演歌の世界を知りました。曲の一つひとつに物語があることが衝撃的で、すっかりその世界に魅せられました」

 演歌をイチから学んだが、ジャンルレスな歌手になりたいと、ギターやポピュラーミュージックの練習も欠かさずにいるという。

 見た目は草食系だが、歌の道には肉食系の演歌のプリンス。レースの世界で育まれたワイルドさが漂っていた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

鈴木京香と小池栄子はプライベートではバトルような仲ではないという
『鎌倉殿の13人』鈴木京香と小池栄子 私生活では親友同士だからこその「壮絶バトル」
NEWSポストセブン
4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
高視聴率番組『笑点』に三遊亭円楽の不在がどんな影響を及ぼしているのか(『笑点』公式facebookより)
三遊亭円楽不在の影響じわじわ 若手起用も視聴率下降『笑点』の正念場
NEWSポストセブン
5月21日放送の「原発事故と甲状腺がん」が批判を浴びたのはなぜか(Tverより)
TBS『報道特集』「原発事故と甲状腺がん」の問題点 語られなかった科学的事実【前編】
NEWSポストセブン
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
もはや巨人戦中継もドル箱ではなくなった(時事通信フォト)
巨人戦のデーゲーム中継が視聴率2%台… 地上波からプロ野球が消える日
NEWSポストセブン
『第59回ギャラクシー賞』を受賞
ドラマ『運を拾う男』出演 草なぎ剛が語る“運”「ぼくは本当に恵まれている」
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン