• TOP
  • 芸能
  • 演歌界のプリンス中澤卓也、レーサーになる夢挫折の過去

芸能

2019.10.05 16:00  女性セブン

演歌界のプリンス中澤卓也、レーサーになる夢挫折の過去

「すべてのお客さまにぼくの心が伝わるように歌っています」と語る

【中澤卓也に「一問一答」】
●趣味
「スニーカーを集めているのですが、その手入れをすることです」

●休日の過ごし方
「自宅でボーッと過ごしたり…。買い物にもよく行きます」

●リフレッシュ方法
「仕事でさまざまな場所に行くのですが、その土地のおいしいものや名産などに触れることでリフレッシュしています」

●ファンからもらってうれしいもの
「手紙がいちばんうれしいです。いただいた手紙はすべて大切に保管しています」

●舞台で観てほしいところ
「演歌や歌謡曲のほかにも、ポップスやバラードなども歌っています。いろいろなぼくを見てください」

【プロフィール】
中澤卓也(24才)/1995年生まれ。17才の時に、テレビ番組『NHKのど自慢』に出演し、その歌唱力が評価され、スカウトされる。日本クラウンより『青いダイヤモンド』でデビュー。その後、日本レコード大賞新人賞、日本ゴールドディスク大賞ベスト・演歌/歌謡曲ニューアーティスト賞などを受賞。

【公演情報】
10月20日に、上越文化会館(新潟県上越市新光町1-9-10)にて『中澤卓也コンサート2019故郷から全国へ。~THE BEGINNING OF A DREAM~』を、14時~と18時~開催。詳細やそのほかの出演情報は、公式サイトをチェック。

◆撮影/高橋進

※女性セブン2019年10月17日号

ファンから「オーラがハンパない」と人気

関連記事

トピックス