ライフ

トイレと浴室 病気・事故リスクを減らすリフォーム術とは

和式トイレには転倒リスクも

 定年後、自宅で過ごす時間はより増えていくが、住環境によって病気や事故のリスクが高まることはあまり知られていない。特に気をつけたいのが、トイレや浴室だ。

【×=内鍵のついたトイレ 〇=「呼び出しブザー」で緊急対策】

 例えば、排便時にいきむことで血圧が変動し、胸痛や吐き気などの異変が生じるケースがある。その際に、トイレの内鍵をかけていたことで家族がドアを開けられず、対応が遅れることもある。介護アドバイザーの横井孝治氏が言う。

「緊急事態に備え、要介護者がいる家庭では、『鍵をかけない』というルールを決めることが多い。ただ、鍵をかけないのは心理的に抵抗がある方もいます。そうした場合は、外側からも開錠できるタイプに替えておくといい。緊急時には、マイナスドライバーやコインで鍵を開けられます」

 トイレ内で急病の兆しがあったら、いち早く家族に知らせることも大切だ。

「手が届く範囲に、大きな音が鳴る『呼び出しブザー』を置いておくべきです。3000円程度から購入できます。また、トイレや浴槽では暖房をつけていないため、リビングとの温度差で血圧が変動して『ヒートショック』を起こし、心筋梗塞や脳卒中のリスクを招きます。その対策のためにも、お風呂場にもブザーを設置したほうがよい」(横井氏)

 東京都健康長寿医療センター研究所の推計によれば、入浴中のヒートショック関連の急死者は年間約1万7000人だった(2011年)。

 トイレや脱衣所に暖房を設置するのがベストだが、「1000円以内で手に入る『隙間風防止テープ』をドア、窓の隙間に貼るのも効果的」(環境衛生コンサルタントの松本忠男氏)という。

関連キーワード

関連記事

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン