ライフ

まるで大学のキャンパス!? 若人で賑わう旧伊勢街道沿いの角打ち

三重大学の学生たちで連日賑わう店内は若さがはじけている

 三重県津市の『中村酒店』は、江戸時代に大流行したお伊勢参り・おかげ参りで伊勢神宮を目指し、多くの人々が歩いた旧伊勢街道沿いにある。

 店の両サイドの白い外壁に赤いネオンの“酒”の字が浮かび上がるその店内は、これまで楽しい時間を過ごさせてくれた全国各地の角打ちのできる酒屋さんとはかなり雰囲気が違っていた。こちらを圧倒するような若さがはじけ、渦巻いているのだ。

「店のすぐ近くに三重大学がありましてね。常連になってくれているお客のほとんどがそこで学ぶ学生(もちろん、全員が20歳以上)の皆さんか、同大学の教員の方や職員の方たちなんですよ」と、楽しそうにその謎を解き明かしてくれたのは、3代目の中村勝彦(62歳)さんと雅代夫人。

 なぜこれほど学生に人気があるのかと聞いてみると、「私の魅力でしょ」と、夫人が冗談めかしてさらりと言う。これを受けて周りの学生たちがドッと歓声を上げる、どこまでも家族的であり、プチ学生街の名物店的オーラも振りまいている。

「うちの大学って、三重出身者が3割ぐらいで、大半は全国から集まってきているんですよ。だから、ここが我が家みたいになるのは自然の摂理でしょうね。ご主人夫妻を、お父さんお母さんだと思ってる連中ばっかりで、悔しいけど独り占めは無理だなあ」(教育学部3年生)

「三重大生の聖地的な店なんで、入学したときから憧れていました。二十歳(はたち)を過ぎて先輩に連れてこられたとき、あっ、三重にも自分の父ちゃん母ちゃんがいると思いましたよ。いまでは、ここで生まれたんじゃないかと本気で思ってるくらいで、居心地最高なんです。」(人文学部2年生)
 
 こんな仲間たちの意見を冷やかすように、「ここって、うちのキャンパス内だと思っている人は自分も含めて多いんじゃないの(笑い)?ここで飲む角打ちカリキュラムなんてあっていいよね。ぜひ作ってもらいたい。これかなり本気なんですけど」(医学部6年生)、なんて言う学生もいた。

 中村さんは目を細めながら、「飲みに来てくれる学生さんはみんな我が子同然なんで、名前はもちろん性格も彼女彼氏の存在なども、ほとんど知ってます。そんなみんなが今日はいい酒が飲めたなあ、友達とゆっくり話ができてよかったと、満足感を持って帰ってもらえるような店にといつも考えているんですよ。でも、飲み過ぎている子には、明日授業あるんだろ。自主休講なんてしちゃいかんよとか、注意したりもしますよ」と話す。

関連記事

トピックス

長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
K
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
個人でSNSを開設する日はくるか
秋篠宮皇嗣「皇嗣誕生日会見」で踏み込んだ「皇族の個人SNS開設」の高いハードル
NEWSポストセブン
自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
政治の妨害も続いているという
旧統一教会に立ち向かう霊感商法対策スーパー弁護団 いまなお続く「政治の妨害」
週刊ポスト
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
奥から武田ショウコさん(仮名)、小川さゆりさん(仮名)、もるすこちゃんさんの元2世信者座談会
【旧統一教会・元2世信者が緊急集結】「テレビはすべてサタンが作っている」の教え
週刊ポスト