ライフ

昭和感漂う東京・東陽町のマンモス団地商店街で角打ち

客は団地の現・住民と元・住民。そして近隣のサラリーマンが中心だ

 東京メトロ東西線の東陽町駅で電車を降りる。夕暮れを押しのけて夜のとばりがあたりを覆う永代通りを東へ向かって歩くと、やがて昭和50年に入居が始まったという古き良き時代の香り漂うマンモス団地・南砂住宅が現れる。

 目指す『伊勢藤(いせふじ)酒店』は、そんな団地内のレトロな商店街の一角にある。

「隣町に創業半世紀を超えた本店があるんですが、角打ちができるのは、私が店長をしているこっちの南砂団地店だけなんですよ。兄と2人、2代目兄弟で頑張っていますが、2店かけもちの兄は、うちは普通に酒を売るごく一般的な酒屋なんだと考えている人。だけど私はお客さんに、ここで飲んでいってよと声をかけてしまうほどの角打ち大賛成派。それでこうなっているってわけです」(店長・藤田憲二さん・66歳)。

 魅力的にかつ雑然と酒類やつまみなどが並んだ店内には、角打ち専用のカウンターなどの姿はなく、空いている場所で飲むという方式。まさに、昔ながらの角打ちスタイルになっている。

 この店の大御所的雰囲気で笑顔飲みしていたのは50代のサラリーマン。

「なんせ会社が近いのでね。働き始めてかれこれ15年、会社が休みの日曜と火曜以外は毎日必ずここに寄ってます。6時半から7時までの30分だけ飲んで元気を回復して、30分の距離を歩いて帰るんです。乾き物だけををつまみに、店のどこもが角打ちスペースなんで、のんびり飲めていいですよ。もうちょっと商品を整理整頓すれば、もっと多くの人がゆうゆうと飲めるのにという、ぜいたくな不満を持ってはいます(笑い)」

「外資系の証券マンでして、昼間はいつもピリピリとした状態で仕事をしてる。それは他の職業の方々も同じなんでしょうけどね。その分、夜はここでダラダラしに来るわけです。会社の雰囲気とはガラリと違って、建築業や運送業の人たちが多くてね。みんなやさしくて気持ちがいい人ばっかり。ほんとに緊張がすうっと抜けるんですよ。来れば、いつのまにかって感じで2時間はいるのがあたりまえです」(50代)
 
 マンモス団地の中に溶け込んだ店だけに、団地住民、そして元住民の常連客も多い。

「私はこの団地住民になって13年目。早々に下町らしい気楽に飲めそうないいところがあるなと嗅ぎつけまして、週7日欠席なし。こないだなんか皆勤賞のティッシュいただきました(笑い)」(60代、建築業)

関連記事

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン