• TOP
  • スポーツ
  • 渋野日向子がマスコミから人気あり過ぎ、気の毒な鈴木愛

スポーツ

2019.12.02 16:00  週刊ポスト

渋野日向子がマスコミから人気あり過ぎ、気の毒な鈴木愛

3週連続優勝の快挙を成し遂げた鈴木愛

 2人のライバル関係はまだまだ続く。東京五輪の代表枠は基本的に2人で、世界ランク5位の畑岡奈紗(20)を追って、同12位の渋野と同17位の鈴木が競い合う状況だ。

「鈴木は渋野と違って闘志をむき出しにするタイプで、“東京五輪の代表は自分だ”と周囲に明言している。もちろん、自信を裏打ちする実力もある。渋野はアプローチに課題があるが、鈴木はパーオンできなかったホールをパー以下にする『リカバリー率』が申ジエに続く2位(渋野は12位)。シブコ人気で“茨の道”は続くが、安定感抜群のプレーでそれを覆せるかが注目です」(前出・ツアー関係者)

 五輪代表選手が決まる来年6月末まで、2人のつばぜり合いは続く。

※週刊ポスト2019年12月13日号

関連記事

トピックス