ライフ

大人の読解力検定 部下からメール、その真意はどこにあるか

読解力に難を抱える大人も実は多い

 ツールがいかに進化しようとも「読解力」がなければコミュニケーションはうまくいかない。「大人力」について日夜研究を続けるコラムニストの石原壮一郎氏がガイドする。

 * * *
〈日本の子どもの「読解力」が8位から15位に急落!〉

 12月3日に、そんなニュースが流れました。世界各国の15歳の学力を測る「国際学力調査」(PISA)の「読解力」の分野で、日本の子どもの順位が前回の8位から15位に大きく下がったというものです。この調査は経済協力開発機構が、世界各国の15歳の学力を測るために3年ごとに実施しているもの。今回は世界79の国と地域が参加しました。

 ちなみに他の分野での日本の子どもの成績は、「科学的応用力」が5位(前回2位)、「数学的応用力」が6位(前回5位)と、なかなか健闘しています。上位3カ国の顔ぶれと順位は3分野すべて同じで、1位「北京・上海・江蘇・浙江」、2位「シンガポール」、3位「マカオ」でした。

 この結果をどう受け止めればいいのか、深刻なのかそうでもないのかなどについては、いろんな意見があるでしょう。それこそ読解力がなさそうなタイプの大人は、脊髄反射で「近ごろの子どもは本を読まないからだ!」「インターネットやスマホがいけないんだ!」などと言いそうですけど、きっとそういう問題ではありません。

 子どもの「読解力」も大事ですが、今の日本でもっと深刻なのが、大人の読解力の低下です。ネットのコメント欄やSNSには、勝手に読み間違えて怒っている人や、そこに書いてあることを得意気に説明したり尋ねたりしている人の多いこと多いこと。懇切丁寧に説明しているのに、まったく通じていない光景もよく目にします。

 とくにネットの世界に顕著ですけど、世の中が殺伐とした雰囲気になっているのは、読解力のない大人があまりにも多いからではないでしょうか。しかも本人には自覚がないので、恥ずかしげもなく的外れな理屈で他人を攻撃したりします。

 そんな状況に一石を投じるべく、僭越ながら「大人の読解力検定」を作ってみました。じつは自分は読解力がなかったんだと気付くもよし、どうやら大丈夫らしいとホッとするもよし。よかったらチャレンジしてみてください。

関連記事

トピックス

青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
「沖縄には、今なお様々な課題が残されています」と、陛下は沖縄の今後についても言及された(宮内庁提供)
沖縄本土復帰50周年 昭和、平成、令和と皇室で受け継がれる沖縄への祈り
女性セブン
浅田舞がパチスロをする姿や浅田真央との腕組私服姿もキャッチ
浅田真央 固くなる姉との結びつき、父との断絶…セカンドキャリアへの不安
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
眞子さんらはたくさんの護衛を引き連れ出国していった(昨年秋)
小室夫妻への手厚い援助 渡米時は“迎えの車”、総領事館には“小室さん夫婦担当”
女性セブン
新井恵理那
BTSと新井恵理那も気を配る「芸能人とメンタルヘルス」シビアな現実
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
4年近くにわたって“立法も質問主意書もゼロ”だった人たちは?(時事通信フォト)
4年間の活動で“立法も質問主意書もゼロ”国会議員たちの「言い分」
週刊ポスト
新しい相棒になったワンちゃんを散歩させる市村正親
市村正親 篠原涼子と離婚の寂しさか、子への愛情か 新たにボーダーコリーを家族に「離婚後も指輪」は継続
NEWSポストセブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン